能登島で癒しのイルカウォッチングを体験

能登島で癒しのイルカウォッチングを体験

イルカウォッチングが楽しめる時期はいつ?

能登島沖ではイルカに出会うことができるイルカウォッチングが開催されています。一般的に4月から10月頃にかけての時期に開催されているクルージングでは、船に乗ってイルカたちに会いに行くことができます。島の人々によって温かく保護されているイルカたちは、その姿を眺めているだけで心が癒されてきます。小さい船を利用して行われるイルカウォッチングなら、イルカにとっても安全性が高く、ストレスを与えないように配慮がなされています。能登島に広がる大自然の魅力を肌で感じることができるアクティビティで、高い透明度を誇る沖合を体感できます。

自然の中でイルカたちに出会える!イルカウォッチングの見どころ

能登半島にある能登島の七尾北湾は、透き通るように美しい海が広がっているので、海面がきらめく様子や小さい魚が飛び跳ねるように泳ぐ姿を眺められるのも見どころの一つです。そうした環境の中でイルカに至近距離で出会える可能性が高いイルカウォッチングは、イルカの親子に出会える確率も高く、愛らしい姿を見ていると思わず笑みがこぼれてしまいます。クルージングによっては、船底部分の窓を通して海中観察もできる場合があるので、普段はお目にかかれない海の様子を垣間見れるのも見どころです。イルカファミリーを優しい気持ちでそっと見守るクルージングを通じて、人間と自然との関わり合いについて考えるきっかけにもなりますよ。

能登島のイルカウォッチングで見られるイルカは野生?

能登島が位置する七尾湾には、数年ほど前から野生のイルカが家族で棲みつくようになりました。当初は2頭でしたが、その後ファミリーが増えたために、10頭前後のイルカが生息している様子が確認されています。こうした背景から、能登島ではイルカの習性や生態などを熟知するためにじっくりと観察が行われ、イルカに負担をかけないようなクルージングが工夫されているのも特徴です。仲間と一緒に仲良く泳いでいるイルカの姿はとても愛らしいので、出会えた時の感動は忘れられない旅の思い出になることでしょう。自然が大好きな方には特にお勧めです。