沖縄県座間味村でホエールウォッチング

沖縄県座間味村でホエールウォッチング

ホエールウォッチングへのアクセス

沖縄県の座間味村には、ホエールウォッチング協会があります。 ここへ行くと、1月から3月末にかけてホエールウォッチングを体験することができます。 アクセス方法は、沖縄本島の泊港からフェリーか高速船で向かいます。 料金は片道運賃で、フェリーざまみ/大人2120円、小児1060円。高速船 クイーンざまみ/大人3140円、小児1570円です。いずれも各種割引がありますので、確認することをおすすめします。 座間味港で降りたら、目の前に協会の建物があるのですぐわかります。 定休日はないですが、営業時間は8時30分から17時までになります。

座間味村付近の名所・名物

座間味村にはとても綺麗な絶景ポイントが数多くあります。 有名なところは、女瀬の崎展望台。横からみると女性のうなじに見えることから名付けられたこの高台からは、一面に広がる海に沈むサンセットを観るのに絶好なポイントです。 他にも、横からみたら男性の横顔に見えると名付けられた、男岩(うがん)。 ボートでしかいけない一枚岩のポイントですが、見晴らしもよく運が良ければジンベイザメやマンタを見ることができる名所です。 そして座間味村の名物といえば、もずく! 特産品の一つであるモズクチップスは、絶品です。 その他にも麺にもずくを練りこんで作られたもずくそばも、喉越しがさわやかで一度食べたらやみつきになりますよ。

やっぱりおすすめはホエールウォッチング

なんといっても、座間味村へ行ったらホエールウォッチングの体験です! 毎年冬から春にかけて、繁殖するために戻ってくるザトウクジラの群れを間近で見ることができて、とても感動しますよ! ザトウクジラは、この綺麗で静かな座間味村の海で、恋に落ちます。 そして一年後の冬、赤ちゃんを産みにまたこの海へ帰ってくるのです。 産まれた赤ちゃんは、お母さんクジラに寄り添って守られながら、北の海へいく体力がつくまですくすくと成長し、やがて春になると食べ物をもとめて北の海へ旅立っていくのです。 そんなザトウクジラの家族を観たら、癒されること間違いなしです。