子供とワカサギ釣りを楽しむコツ

子供とワカサギ釣りを楽しむコツ

子供でもワカサギ釣りはできるの?

ワカサギ釣りは釣りの中でも初心者がとっつきやすい釣りです。仕掛けがシンプルで、初心者の大敵「ライントラブル」が割と起こりにくいからです。自分の手にプルプルとしたアタリがダイレクトに伝わってきて、竿をあげたらエサの先にワカサギがついてくる!こどもはものすごく喜びますし、間違いなく親の株もあがります。楽しそうなことだと彼らの飲み込みは本当に早いものです。 子供が自分の好きな釣りに夢中になる姿をみると、親が胸が熱くなります。上手くいけば最高の釣友に育ちます。では小さい子にワカサギ釣りを楽しんでもらうにはどうしたらいいでしょう?

飽きやすい子供に釣りを継続させるには

子どもは飽きっぽいものです。集中力は普通あんまり持続しません。そんな彼らを夢中にさせるにはとにかく「つらせてあげること」。 ワカサギ釣りに限らず私たち大人は、自分の好きな釣りのスタイルを持っています。子供を連れてきたときは、それをかなぐり捨ててとりあえず子供に一匹釣らせてあげます。そのために普段より仕掛けやエサの選択肢をいつもより豊富に用意していきます。情報収集を丹念にして、良い場所を取ります。 体力の弱い彼らが寒くて嫌にならないように、防寒具や温かい飲み物や食べ物を忘れずに。トイレ完備のドーム船がおすすめです。そう、今日は「接待」です。

ワカサギ釣りから学ぶ教訓

親がどんなに準備を丹念にしていても、「釣れない時間」はかならずやってきます。そこが本当の腕の見せ所です。飽きてしまった子に、釣りを続ける親の背中を見せてあげましょう。 仕掛けを変えたり、エサを変えたり、タナを変えたり。釣れない時間でも継続して竿を出し続けることの大切さを教えてあげましょう。大切なのは自分が楽しんでいる姿を見せてあげることです。釣れない時間に工夫を重ねて釣った時のうれしさを分かる言葉で話して聞かせてあげます。 ワカサギ釣りは、自然が相手。思い通りにいかないこともあるという教訓を彼らはそんな親の姿を見て学びます。