冬の宮城を感じられるワカサギ釣りのスポット

冬の宮城を感じられるワカサギ釣りのスポット

宮城で釣れるポイントは?ダムが多い

宮城でワカサギ釣りが行える場所はいくつかありますが、七ヶ宿や川原子などダムが多いのが特徴です。 中でもダム湖として知られる釜房ダムは、シーズンになると湖岸や護岸から竿を垂らして釣りをする人が大勢います。釣りをする際には料金の支払いが必要になってくるので、ホームページで確認してから出かけたほうが良いです。蔵王の自然の景色も見られる絶景スポットで、釣りを一休みして散策するのも面白い場所です。昔は釣りポイントとして人気のあった橋の上から釣りができていましたが、今はできないので注意が必要ですよ。 ダムに映り込む景色もきれいで、ワカサギ釣り以外の楽しみも満喫できます。

釜房ダムへいつ頃に行けば釣れる?

全国的には11月の下旬ころからシーズンがはじまるところもありますが、宮城で良く釣れるようになる時期はもっと寒くなってからです。 湖に氷が張るころを目安にする人もいますが、釜房ダムをはじめこの辺りの釣り場では凍らない場合が多く、目安にすることができません。氷が張ったとしても薄いもののため、宮城ではワカサギ釣りの氷上での穴釣りが禁止されています。間違っても薄氷の上に乗ったりしないように注意しましょう。ベストな時期は1月下旬ころから2月で、釣果情報など出しているサイトなどを参考にすると間違いないですね。 釜房ダムは蔵王に近いため、山陰になるので寒さ対策は必須です。防寒具は十分に揃えましょう!

釜房ダムの現地に行くには?

ワカサギ釣りに釜房ダムの現地に行くには、車を利用して行くことができます。 宮城川崎インターチェンジから10分程の場所にあります。仙台南インターチェンジからも行くことはできますが25分程かかります。駐車場がいっぱいの時には近くにある湖畔公園に駐車スペースがあります。仙台駅前からバスも出ていて、ゆったりと景色を眺めながら釜房ダムまで来ることも可能ですよ。 車を使ってくるときには、事前に道路状況の確認は必須です。大雪で通行止めになることもあるからです。冬用タイヤの装着はもちろんですが、タイヤチェーンも必ず持参してください。