関東でのラフティングスポット、奥多摩の特徴について

関東でのラフティングスポット、奥多摩の特徴について

奥多摩ラフティングの特徴は都心から近い事!

奥多摩と言うのは東京の西部に位置するエリアで、関東の中では都心から近い場所になります。 関東エリアには他にラフティングを楽しむことが出来るスポットが在りますが、このエリアは電車を利用して行くことが出来ると言った特徴を持っているのです。 集合場所にもよりますが、JR青梅線の御嶽駅周辺が集合場所となっている場合は、東京駅を起点とした場合、東京から立川駅まで約58分、立川から青梅線に乗り換えて約50分となります。 また、奥多摩は東京都に含まれるエリアでもあり、東京とは思えない程の大自然がここには在ると言うのも特徴と言えます。

奥多摩ラフティングの催行期間

開催期間と言うのは、ショップにより若干の違いは有りますが、一般的には3月1日から11月30日まで(催行期間)としているケースが多く、シーズンとしては春から秋の終り頃までとなります。 また、このエリアは紅葉シーズンが10月から11月にかけてとなりますので、渓谷美や紅葉を楽しみながらのラフティング体験が出来ますし、ショップの多くは中学生以上の健康な人を対象にしているので、親子連れでの参加も可能なのです。 尚、ショップにより中学生は保護者の同伴が必要となっている所も在りますので、一人での参加が出来ない事も有るので事前に確認をしておくと安心です。

奥多摩ラフティングの料金相場!

料金はショップにより様々ですが、料金相場としては7000円前後から1万円前後となります。 また、コースプランなどにより料金が異なるものも在りますし、学生を対象としたコースなどの場合1人3500円の低料金で楽しめるプランを用意しているショップも在ります。 例えば、高校生の春休みの平日限定のコース、期間限定のサンセットコース、学生は平日限定で割引サービスが在るコースなど、リーズナブルな価格で都心から近い場所でのラフティング体験が出来るようになっており、関東の中でも電車でフィールド近くまで連れて行ってくれるので人気が高くなっているのです。