フライボード(水圧で空を飛ぶ)の日本の事業者数、世界でできる場所、費用はいくら?

フライボード(水圧で空を飛ぶ)の日本の事業者数、世界でできる場所、費用はいくら?

フライボード(水圧で空を飛ぶ)!日本の事業者数について

フライボードは水上バイクが作り出す水圧が起動力となるアクティビティーで、グーグルのコマーシャルで一躍有名になり、様々な場所で体験できるようになっています。 水圧で空を飛ぶフライボードは、海や川、湖など様々なフィールドで楽しめるのが特徴です。 日本の事業者数の総数と言うのは未知なものですが、日本の各都道府県には水圧で空を飛ぶ体験をさせてくれるショップが数多く在るのが特徴で、特に沖縄県などの南の島などの場合は、他の都道府県よりも事業者数(ショップ数)の数が多いと言われており、沖縄などに観光で出かけた人が体験するケースが多いと言います。

水圧で空を飛ぶフライボード!世界でできる場所について

フライボードは専用ボードに乗る事で水上バイクからの水圧で空を飛ぶことが出来るアクティビティーです。 水圧は太いパイプを使って水上バイクから専用ボードに送り込みます。 これ等のパイプや専用のボードは2014年に世界で同時発売されたと言われており、現在世界各国で楽しめるアクティビティーになっているのです。 世界でできる場所はどこなのか、と疑問に感じる人は多いものですが、オーストラリアや発祥の地でもあるフランスのマルセイユなど、様々な場所で楽しめます。 また、フライボードはワールドカップも開催されており、多方面において楽しめるアクティビティーになっているのです。

フライボードを体験するために必要な費用はいくら?

体験するために必要な費用はいくら?高いのか、それとも安いのかと疑問に感じる人も多いものです。 費用についてはショップなどにより異なりますが、体験できるショップが多いエリアと言うのは競合となるため、ショップが少ないエリアよりも安くなるのが特徴です。 尚、沖縄県などの場合はマリンスポーツのメッカでもあり、フライボードを体験させてくれるショップの数も、他のエリアと比べると多くなります。 費用としては6000円から7000円が相場となりますが、沖縄の場合は他のマリンスポーツとのコラボでの体験を楽しませてくれるショップも多く在ります。