シュノーケリングの練習について

シュノーケリングの練習について

練習することでうまくなるシュノーケリング

シュノーケリングを始めようと考えている人は、少し練習をしてから始めるとスムーズにできると思います。見た目では簡単に見えますが、シュノーケルの装着の仕方などは慣れないとスムーズにできないものです。 海でシュノーケルをつけて泳いでいると波があるので、水が入ってきてしまったりすることもあります。ゴーグルがうまく装着できておらず、水が目に入ってしまうようなことも起こったりします。 本番の海でそういったことがないように、出かける前に少し練習をしてから行くといいでしょう。何時間も練習が必要というわけではないので気軽に練習しましょう!

お風呂でシュノーケリングの予行練習をしよう

シュノーケリングの練習場として一番身近にあるものが家のお風呂です。いつでも気軽にできるので、シュノーケルを買ってきたら早速つけて潜ってみましょう。締め付けをきつくしないことがポイントです。 シュノーケルをつけるときになるべく水が入ってこないように、きつく締めがちですがあまりきつくすると良くないです。きつくしすぎると頭が痛くなってしまい、長時間海に潜っていられなくなってしまいます。 目の周りはゴムがあるので、ある程度の力で水が入ってこないように工夫がされています。締めすぎはよくないので家のお風呂で調整しておきましょう!

プールを使ったシュノーケリングの練習について

お風呂で慣れてきたら、今度はプールでシュノーケリングを楽しんでみましょう。泳ぎながらできるので海に近い感覚を養うことができます。ルールを守った上で楽しんで泳いでみましょう。 競泳プールなどではシュノーケルをつけての遊泳を禁止しているところもあります。子供たちも泳いでいる遊泳プールでシュノーケルを付けて泳ぎましょう。 目の悪い人は度がついているゴーグルなどもあります。そういったゴーグルを使う場合もプールで慣れてから海などで使うと良いです。綺麗な海の中をよく見て楽しむために準備万端で望みましょう。