寒さない沖縄で農業体験を行える

寒さない沖縄で農業体験を行える

沖縄なら3月でも暖かい中で作業可能

3月は四季でいえば春になります。冬とは違って暖かいイメージがあります。確かに3月の終わりになるとかなり暖かくなりますが、真冬並みの寒さのこともあります。沖縄では農業体験をすることができますが、1年をとしてあまり寒さを感じずに行うことができます。3月は冬の寒さと暖かさを感じる季節ですが、沖縄なら本土の4月から5月くらいの感覚で作業をすることができます。
服装なども時には半袖でないと汗ばむことがあるくらいです。寒い日が多いと着るものに苦労することがありますが、安定した気温の中で作業ができるので脱いだり着たりすることなく快適な中で作業が行えます。

春の農業体験は夏野菜などの準備ができる

野菜や果物がどんどん育つ時期としては夏があります。そして秋にも多くのものが収穫することができます。収穫をしようとするとその時から栽培を始めても遅いです。夏や秋に収穫するなら春から行っておく必要があります。農業体験ではこの季節から夏野菜などの準備として行える場合があります。収穫自体はできませんが、畑を耕したり、肥料をまくなどの準備として必要なことを一通りすることができます。
一般的な農業体験だと収穫する部分がメインになることがありますが、きちんと育てていこうとすると最初が肝心になります。種のまき方も方法がありますから、それを身に着けることができます。

おすすめの農業体験は自然の様子を観察できるところ

農業体験をするときには自然と接することが多くなります。植物もたくさんありますし、虫などもいます。虫は害虫になるものもありますが、害虫を退治してくれる虫もいます。共存しながら生活していく必要があります。おすすめの農業体験として、自然の観察ができるところです。作業をしながら、その畑の周りに咲いている花の様子であったり、出てきた虫の話などをしてもらうことができます。
沖縄は日本でも南の方に位置しているのでこちらにしかいない虫もいます。それらを知ることができます。本州などにいる虫と同じ種類ながら色や形、大きさが異なるものもいるので、違いが判るのもおすすめのポイントになります。


アクティビティジャパンでは
全国様々なアクティビティの
予約・体験ができます