斑尾高原でスノーシュー。天候は?初心者でもできる?

斑尾高原でスノーシュー。天候は?初心者でもできる?

斑尾高原の冬の天候はどうなの?

長野県と新潟県にまたがる斑尾高原。冬になると豊富な雪に恵まれ、たくさんのスキー客が訪れる名所です。そんな斑尾高原でも、近年、冬景色の中ウォーキングを楽しめる、とスノーシューに人気が集まっています。ふわふわの新雪を沈むことなく歩けるスノーシューは、初心者にも簡単ですぐに楽しむことができます。斑尾高原は日本でも有数の豪雪地帯ですので、1,2月の天候は安定しないこともあります。3月あたりになると、積雪・天候ともに落ち着く日が多く、スノーシューされる方は予定がたてやすいでしょう。もちろん、1,2月に訪れれば豪快な雪景色やコースによっては湖の上を歩けるなど、寒さに負けない魅力があり、どの時期もおすすめですよ。

スノーシューは初心者向け?初めてでも楽しめる?

冬のアクティビティといえば、スキー、スノーボードが主流でしたが、道具が大掛かりな上、初めての人はすぐに楽しめない、練習が必要、という点で、家族で行った場合などは、みんなで滑れなかった、ということがあると思います。その点、スノーシューは、経験がなくても履いてしまえば、あとは、雪の上をザクザク誰でも歩けるので、家族やグループで行っても、全員が楽しめるのでおすすめです。ふかふかの雪の上にダイブしたり、動物の足跡を追いかけてみたり、お尻で坂を滑ったり、自然と雪にたっぷりと触れられます。ランチを持っていって、雪のテーブルを作って青空の下で食べるなんて最高の思い出になりますね。

気軽に楽しめる分キケンもある!スノーシューの注意点

斑尾高原観光協会には、スノーシューの常設コースを紹介したコースマップがあり、慣れてきた方は、ガイドなしでお好みのコースを楽しめるようになっています。初心者向けコースもあるのですが、コースをはずれてしまうと、雪が積もっているように見えても、下にくぼ地があったり、沢が流れていることもあってキケンです。はじめての方は、やはり不安もあるでしょうし、楽しみ方も教えてもらった方が、気軽に散策できると思いますので、観光協会でガイドの派遣を頼むか、ガイド付きツアーを申し込んでみましょう。防寒対策などの注意点をしっかり読んで準備をした上で、冬の新しい体験を楽しんでみてはいかがでしょうか。