スノーシューとは~入笠山などの日本の山々で楽しむことができる

スノーシューとは~入笠山などの日本の山々で楽しむことができる

スノーシューを楽しむのに適した天候とは?

スノーシューとは、雪上を歩くために適した歩行道具です。そしてこれを利用して、雪に包まれた土地や森林内などを歩行する、あるいはネイチャーウォッチングを楽しむ冬季のレジャーのことを意味する言葉でもあります。 日本は山に恵まれた国ですから、積雪のある山ではスノーシューを楽しむことができます。長野県の南アルプス、その北端の入笠山もそのひとつとして挙げられます! ただし山は天候が変わりやすいのが特徴です。スノーシューを安全に楽しむためには、最大限、天候に注意する必要があります。安全確保のためには、見通しの良い晴天に楽しむのが最適です。逆に降雪時や吹雪時などにこれを楽しむことは避けるべきです。

スノーシューは初心者向け?

スノーシューは、レジャーだけに限らず積雪の多い地域などでは移動手段として、日常生活の中でも利用されている道具です。ですから、大人も子供も、それほど苦労することなく装着して歩くことができます!初心者向けのレジャーと言えます。 ただし、雪山に入ってネイチャーウォッチングなどを楽しむとなると話は変わってきます。入笠山などを歩くわけですから、それなりの体力や知識が要求されます。それを、そうしたものを持ち合わせていない初心者が、一人で行うのはあまりにも無謀です。 初心者向けには、雪山に慣れている人と一緒に楽しむ、または旅行会社などのツアーに参加するのが最も安心な方法です。

スノーシューの注意点はどんなところ?

スノーシューの注意点としては、まず自分の足のサイズに合ったシューを選ぶと言うことが挙げられます。足場の悪い雪上を歩くのですから、サイズに合わないものを選んでしまうと、足からの疲れも早く来ていまいます。 またツアーなどに参加しているからと言って、一人で勝手にコースを外れて歩くのは大変危険です。自然の中の崖や川は、雪が積もっているためとても見えにくいです。そのため、決められたコースを外れてしまうと、それらに滑落してしまう危険もあります! そして雪山に入るのですから、防寒対策、あるいは緊急時の対策もきちんとしておくことも注意点です。非常食や緊急連絡先を書いたメモなども、可能な限り持っていくようにして下さい。