ワカサギ釣りの奇跡と顛末記

ワカサギ釣りの奇跡と顛末記

ワカサギ釣りの奇跡体験

ワカサギ釣りと言う物は、どんな物なのかというのは誰も知っている物です。しかし、真冬に凍り付いた湖の上で穴を開けて魚を釣るという経験はなかなか無いものです。 玄人向けかと思われるワカサギ釣りに行き、奇跡的に釣り上げられた喜びは人生で素晴らしい経験になるものです。 それ以上に、限界の寒さの中で釣りをしながらの人間模様も楽しい物です。ベテランの方から、色々なアドバイスを頂きながら釣りにチャレンジして行く経験も素敵です。実際に釣りをしている間に、アドバイスを頂いた方とその後に仲良くなりSNSで繋がったりと楽しい経験をされている方が多いのも面白い所なのです。

ワカサギを釣っていたら起きた奇跡とは

ワカサギ釣りをする場所は、凍った湖の上です。普段歩き慣れない凍りの上をペンギンの様にヨチヨチ歩き「きゃぁ!」と滑って大笑い。そんな中で、片思いの人と距離が近づく奇跡も多い様です。 ドリルで氷った湖面に穴を開ける力仕事も、男性でないとなかなか大変な物です。その姿を見てキュン!とする方も多いのでは無いでしょうか。ゲレンデマジックに近い物を経験するかも知れません。 何か同じ目標を持って、夢中になるという事はとても人と人との距離を近づけるものです。ワカサギ釣りを初めてして、魚が釣れたという喜びよりも達成感や喜びを求めるアクティビティなのかも知れません。

その後の顛末がおもしろい

冬の定番スキーでのゲレンデマジックと同様に、その後顛末で驚くのがワカサギ釣りマジックなのかも知れません。運動神経が無ければ、良いところを見せにくい雪上のアクティビティです。 しかし、ワカサギ釣りは男らしさや気遣いをアピールする事に特別なスキルは必要ありません。寒さを心配し、女性が苦手な餌を付ける作業などを男らしく手助けするだけで大丈夫なのです。 気が付くと、ワカサギ釣りに行った仲間でカップルが出来ていた、そんな話しを良く聞きます。ゲレンデマジックと同じ、スノーマジックに掛けられてしまうという顛末。今年の冬は、新しいアクティビティに挑戦して見てはいかがでしょうか。