犬ぞりについてのご紹介

犬ぞりについてのご紹介

犬ぞり体験をしてみませんか

犬ぞりとは主にカナダ・シベリア・アラスカなどで行われているソリを犬にひかせる移動手段の事です。馬車や車両移動に適さない地域で荷物の運送をする役目も担っていました。犬は人にもよく従い、氷の分け目を避ける判断もできるため、スノーモービルが一般になるまでよく移動手段として使われていたそうです。今では娯楽として発展し、スポーツとして犬との一体感を楽しむレース体験などができます。海外で楽しむほか日本では北海道の白滝高原や富良野町の空知川源流部・十勝平原などや群馬県の水上高原のリゾート地でウインタースポーツをする時期に体験できます。

犬の種類とソリについて

犬ぞりにつかわれるソリは丈夫で軽い素材のものが利用され、木製のもの他にレースなどの大会用で使われるものは強化プラスチック製やグラスファイバーを使用されています。レースに出場する場合にはソリにドッグバックとスノーフックをとりつけます。走る犬には主に背後支えのXバッグのハーネスをとりつけますが、きつすぎず緩すぎないよう犬の体にフィットしたものを選び犬に負担をかけないようにするのが大切です。犬の種類は冬の吹雪や寒さに強いハスキー種が多く使われているほか、重たいものも運べるアラスカン・マラミュートなどがよく選ばれています。

犬ぞりの操作方法について

犬ぞりの操作方法なんて聞いてしまうと難しいように感じてしまう人もいるかもしれませんが、犬ぞりができる多くの体験場では技術を持ったスタッフが同上する方法でも楽しめますので、小さなお子様でも体験しやすいウインタースポーツとなっています。犬たちも初めての人でも安心して触れるようよく訓練されているので安心して楽しめますね。犬の操作方法は行け(GO AHEAD)・左(HAW)・右(GEE)・ 立止(STAY)・止まれ(WHOA)の基本的なコマンドで行うことができます。コマンドを覚えればより犬との一体感が味わえるのでぜひ覚えて犬ぞりを深く楽しんでみてはいかがでしょうか!