関西エリアのラフティング、京都の保津川の特徴

関西エリアのラフティング、京都の保津川の特徴

京都でラフティングといえば保津川!

ゴム製のボートを利用した激流の川下りをラフティングと言います。 流れが速い川で行う事で急流での川下りを楽しめるわけですが、流れが速い事で危険と感じる人も多いものです。 頭にはヘルメット、体は水に落ちた時の事を想定してライフジャケット、そしてボートにはベテランのガイドが乗り込んでいるので初心者の人でも楽しめるのです。 また、日本国内には色々なフィールドが在りますが、関西エリアの中では京都を流れる保津川が人気の高いポイントになっており、京都でラフティングと言えば保津川を外すわけにはいかないくらい、関西エリアの知名度が高いフィールドになっているのです。

京都観光と保津川ラフティング

関西エリアでも保津川はラフティングと京都観光を楽しめると言ったメリットが有ります。 普通は観光もしくはラフティングのどちらかになるのですが、この川では観光とラフティングの両者を楽しめるのです。 また、小学生以上が対象になっているので家族で旅行に訪れた時など、スリリングな体験をしたい時などにお勧めですし、中学生以上であれば親が同伴しなくても体験することが出来るシステムを作り上げているショップも在りますので、子供だけでリバースポーツを楽しめると言ったメリットも在ります。 更に、フィールドとなる場所に行く時などはトロッコ列車を利用する事も出来るので、景色を楽しめると言うメリットも在ります。

ラフティングに必要な持ち物は?

必要な持ち物の中でも無くてはならないものが水着です。 ツアーに参加する時はウェットスーツを着用しますので、ウェットスーツの下には水着が必要になります。 また、眼鏡をしている人は急流の川下りをしている時などメガネが水中に落ちてしまう事もあるので、眼鏡ストラップを用意しておけば、ボートの振動などでメガネが水中に落ちてしまう事を防ぐことが出来ます。 コンタクトレンズを利用している人などの場合は、スイミング用のゴーグルをしておけば安心です。 後は着替えやタオルと言ったものを用意しておく事、そして怪我をした時など医療機関で治療を受けられるように健康保険証を用意しておくと安心です。