はじめてのダイビング体験、初心者でも楽しめる体験ダイビングの基本ガイド

はじめてのダイビング体験、初心者でも楽しめる体験ダイビングの基本ガイド

海の世界を楽しめるスキューバダイビング。リゾート地などで一度は体験したいと思っている人も少なくないのでは? しかし、いざチャレンジしたいと思っても、ダイビング未経験者にとってはわからないことだらけです。そこで、ダイビングを始める際に知っておきたいことや注意点、初心者におすすめの「体験ダイビング」ツアーの選び方などを紹介します。

はじめてのダイビングの楽しみ方

ダイビング・はじめてのダイビングの楽しみ方

海の世界を楽しめるスキューバダイビング。リゾート地などで一度は体験したいと思っている人も少なくないのでは? しかし、いざチャレンジしたいと思っても、ダイビング未経験者にとってはわからないことだらけです。 そこで、ダイビングを始める際に知っておきたいことや注意点、初心者におすすめの「体験ダイビング」ツアーの選び方などを紹介します。

ダイビングをするには、ダイビングショップやダイビングスクールなどのツアーに参加するのが一般的です。ダイビングのツアーは大きく分けて「体験ダイビング」「ライセンス取得ツアー」「ファンダイビング」の3つのツアーがあります。

ダイビング初心者が参加できるのは「体験ダイビング」「ライセンス取得ツアー」のどちらかです。

体験ダイビング

体験ダイビング ウミガメにも会えるかも

体験ダイビング参加までの流れは簡単!

体験ダイビングはダイビング初心者でも気軽に参加できる体験ツアー。ガイダンスや器材のレクチャーを受けた後に海に潜り、ダインビングに必要な最低限のことをインストラクターに教えてもらいながら、ダイビングを楽しめるツアーです。

機材の使い方や、呼吸、耳抜きの仕方などごく基本的なことから教えてもらえるので、初めてでも安心です。ちなみに、体験ダイビングで潜れる最高深度は12m。ただし、実際には初心者が潜るのは約5〜8mほどの深さまでです。

体験ダイビングは参加できる年齢は?子供でも参加できる?

体験ダイビングは60歳あるいは65歳くらいまでと年齢の上限を設けているツアーがほとんどですが、それ以下の健康な大人なら誰でも参加可能です。子供は10歳から参加可能としているツアーが多いですが、穏やかで浅い海域の場合は8歳からだったり、場所によっては15歳からだったりします。
所要時間はツアーによりますが、2時間半から半日程度のものが多いです。料金は数千円から1万円前後のツアーが多く、手軽に参加できるのが魅力です。

ライセンス取得ツアー(Cカード取得)

ライセンス取得ツアーは、「Cカード」というライセンスを取得できるツアーです。Cカードがあると、深く潜ったり自由に海中散歩を楽しんだりできるファンダイビングに参加できるようになります。逆に言うと、自由にダイビングを楽しめるファンダイビングをするためには、Cカードを取得しなくてはいけません。年齢など参加できる条件は体験ダイビングと同じです。

日帰りで参加できる体験ダイビングと違い、ライセンス取得ツアーは日帰りのツアーはほとんどありません。学科講習、プール講習、海洋実習があり、最短で1日半のプランなどもありますが、3〜4日程度が一般的です。料金はおおよそ3〜6万円前後が一般的です。

ファンダイビング

ファンダイビングとは、ライセンス取得者がダイビングを楽しめるツアーです。深く潜ったり、自由に動き回ったりでき、海の世界を存分に満喫できます。ただし、前述したようにファンダイビングをするにはダイビングライセンス(Cカード)を取得している必要があります。対象年齢をクリアしCカード取得していれば誰でも参加可能。初心者や中級者はもちろん、上級者も慣れていない海や初めての土地で海に潜るのは危険なため、ファンダイビングのツアーに参加しダイビングを楽しむのが一般的です。

ダイビングをするのに必要なものは?

ダイビングと聞くと、機材など準備が必要と思いがちですが、ほとんどのツアー主催会社で必要なものは一式レンタルできます。自分で用意するのは水着やタオル、ビーチサンダル、飲み物、必要な場合はラッシュガード(UVカット効果のある衣類で水着の上などに着用するもの)など。ツアーによっては水着以外を用意してくれるところもあります。ツアー申し込みの際に、レンタル品と用意するものの記載が必ずあるので、チェックしておきましょう。

スキューバダイビングは怖くない⁉ 初心者でも大丈夫?

ツアーでは、プロのダイバーのいるもとで海に潜るので、初心者は安心して参加してOKです。また、ダイビングの際は、2人1組でお互いの安全を確認しあうバディシステムという体制で潜るため、一人になることはありません。とはいえ、安全に楽しむためには、事前の注意事項説明から海での実習までインストラクターの話はきちんと聞くように注意しましょう。海に慣れていない人は、ツアーのスケジュール内容をよくチェックし、ゆったりとしたスケジュールを組んでいるツアーを選ぶのもおすすめです。

参加を見合わせたほうがいい人

ただし、どうしても不安が消えないという人やパニック障害の人は避けたほうがいいでしょう。その他に、循環器・呼吸器・耳鼻咽喉に病歴ある人、高血圧の方なども、ダイビングを控えるか、医師に相談の上で参加するようにしましょう。持病がある人は事前に診断書の提出を求められるツアーもあるので申し込み時に要確認です。また妊娠している人も海に潜ることはできません。

また、水中で咳をしたことをきっかけに海水を飲んでしまった、などちょっとしたことでパニックになってしまう場合もあります。そんなときは、まず何はともあれ落ち着くこと。それからパニックを起こさないよう当日の体調は万全に。少しでも体調が悪く不安なときは参加を見合わせましょう。

初めてのダイビングなら体験ダイビング!自分にあったツアー(ショップ)の選び方

前述したようにダイビング未経者はライセンス取得ツアーか体験ダイビングか、どちらかのツアーでダイビングをします。ライセンス取得ツアーは体験ダイビングと比べて費用が高く、日数も必要となるため、初めての人はまずは体験ダイビングでお試してみるのがおすすめです。

体験ダイビングでは、陸上でレクチャーを受け、水面で水に慣れ、インストラクターと一緒に潜る、という流れは基本的にどのツアーでも変わらないのですが、場所はもちろん、スケジュールやオプションにも意外とバリエーションがあります。

値段

料金の幅は3,000円から20,000円前後。4,000円前後から10,000円前後のツアー最も多く、15,000円以上など料金設定が高めのツアーは、ダイビング以外のアクティビティができたり休憩を挟み2回ダイビングできたりという場合がほとんどです。

器材やウェットスーツなどのレンタル代が別途発生する場合もありますので、よくチェックしておきましょう。

スケジュール&ツアー内容

体験ダイビングの所要時間は短い場合は2時間半。3時間程度のツアーが一番多いでしょう。これらの場合、1回の体験ダイビングのみとなっており、潜水時間は30〜40分程度です。観光もしたいし時間を有効に使いたいという人におすすめです。

4時間くらいのツアーになると、潜る時間は50分程度取られていることが多いので、30分じゃちょっと物足りないなという人におすすめ。

中にはほぼ1日かけて開催されるツアーもあります。その場合は、休憩を挟んで2回ダイビングができるか、シュノーケリングやカヤックなど、ダイビング以外のアクティビティが組み込まれたツアー内容になっています。1日たっぷり遊びたいとう人にぴったりです。

ツアーでやりたいことは?

体験ダイビングでやりたいこと ウミガメと泳ぎたいなどやりたいことを明確に

ダイビングは場所やツアーによって出会える海の生き物や海中の景色が違います。どんな海の景色を楽しみたいかも、ツアーを選ぶうえで大きなポイントです。いくつかツアーを見てみると、珍しい魚を見たい、ウミガメを見たい、サンゴ礁をみたい、人気ダイビングスポット青の洞窟で神秘的な景色をみたい、などなど、やりたいことが出てくると思いますので、気になったツアーをチェックしてみてください。

ショップ独自のサービスがあるツアーも

例えば、半日から1日のツアーには食事が付いている場合があり、まれにショップオリジナルの手作りランチなどを楽しめるツアーもあります。また、スタッフが水中写真の撮影をしてくれたり、水中カメラを貸してくれたりするツアーも多いので、水中で遊ぶ姿を残したい!という人はツアーに含まれているかチェックしておきましょう。

ショップの設備

ダイビングでは、ショップに集合して車などでダイビングスポットへ行くことが多いです。その場合のほとんどは、ショップに更衣室や温水シャワー、トイレなどが完備されており、ツアー前後に利用できます。ただし、現地集合でそれらの設備の利用ができないツアーもあります。ダイビングの後に観光したいので身支度をきちんと整えたいという場合や、ちゃんとしたトイレがないと不安という人は、ショップの設備を利用できるかどうかもチェックしたいポイントです。

また、ツアーを選ぶ際には、以上のポイントの他に、子供連れは子供の参加可能年齢、持病がある方は現在の健康状態で参加可能かどうか事前に確認しておきましょう。

体験ダイビングの一般的な流れ

ツアーやショップによって多少の違いはありますが、体験ダイビングツアーのおおまかな流れは次のとおりです。

1)集合

ダイビングツアーでは、いきなり海に行くのではなく、ダイビングショップに集合し車で海まで送迎してくれるツアーが多くあります。ショップに集合したら、申込書や同意書に記入をします。また、病歴や健康状態のチェック、ツアーのスケジュールや体験ダイビングについての説明を受け、ウェットスーツへの着替えなどを行います。現地集合の場合は現地で一連の作業を行います。

2)器材についてのレクチャーを受ける

実際に使う器材の説明を受け、インストラクターと一緒に使い方を練習します。

3)水面で呼吸の練習

器材のレクチャーを終えたら、浅瀬やボートのはしごにつかまった状態などで呼吸の練習をします。また、ツアーによって最初は空気タンクを使わず、水に慣れるためにシュノーケリングのレクチャーを行なうこともあります。シュノーケリングとは、マスク、フィン、シュノーケルの3点を使用し、水面から水中の様子を楽しむことです。

4)いよいよ水中へ

ダイビング器材を背負い、インストラクターと一緒に海に入ります。慣れてきたら5mほどまで潜ることができます。

5)ショップへ戻り着替え

ダイビング終了後は、ショップに戻り、シャワーや着替え、精算などを行い、解散です。(現地解散の場合もあり)

体験ダイビングの前に知っておきたい疑問あれこれ

体験ダイビングの前に知っておきたい疑問あれこれ 疑問は解消しておこう

Q:あまり泳げませんが、大丈夫?

ダイビング時に着用するウェットスーツには浮力があり、浮力を調整するBCジャケットも装着します。緊急時にはBCジャケットで浮くこともできるため、泳ぐのが苦手でもダイビングはできます。水中では足に装着するフィンと使い移動したり動いたりすることができます。ただし、まったくの金槌で不安という人は、浅瀬でできるシュノーケリングなどから始めるのもおすすめです。

Q:水着はどんなものを着ればいい?

ダイビングでは水着のうえにウェットスーツを着用し、海に潜ります。水着はウェットスーツのインナーとして必須。ピッタリとしたウェットスーツの中でゴワゴワしないように、できるだけシンプルなデザインのものを選びましょう。女性は、ボトムスはスカートやパレオなどは避けましょう。また、ビキニは背中部分など金具がないものがよいでしょう。男性はサーフパンツなどでOKですが、裾は短めですっきりとしたシルエットのものがおすすめです。

また、水着の上、ウェットスーツの下に、着たまま海に入れてUV効果のあるラッシュガードを着用してもOKです。日焼け防止だけでなく、ウェットスーツを脱いだときの体型カバーやけが防止としても使えます。

Q:生理中も楽しめますか?

普段の生活に支障がない場合は、タンポンなどの生理用品を使用し、生理中でもダイビングを楽しめます。ちなみに、普段痛み止めなどを服用している人もいるかもしれませが、薬を服用してのダイビングは、人によっては水圧の関係で副作用などが生じることがあるので、おすすめできません。どうしても必要な人は薬剤師や医師に相談しておきましょう。また、当日になって、生理痛が強かったり、精神的に不安定だったりする場合は参加を見合わせ、決して無理をしないように注意してください。

また、ツアーを選ぶ際には、トイレ設備やシャワーを使えるツアーを選ぶほうが安心です。

Q:コンタクトのまま海に潜って大丈夫?

ダイビングする時コンタクトレンズは? 度付きマスクもあるから大丈夫

視力が悪くコンタクトや眼鏡をしているという人は、度付きマスクを利用するのが安全面ではベストです。ほとんどのショップでレンタルができます。コンタクトをしたままダイビングもできますが、ダイビング中、マスクの中に水が入りコンタクトが流れてしまう、ゴミが入ってしまう、水圧によりコンタクトが変形するなど、目を傷つけてしまうリスクもあります。もしどうしてもコンタクトをつけて潜る場合は、ハードコンタクトは外れやすく高価なため、使い捨てのコンタクトレンズを選びましょう。

Q:飛行機に乗った直後もダイビングできる?

飛行機に乗った直後のダイビングは問題なくできます。ただし、ダイビングは体力を消耗するので、長時間のフライトなどで疲れているときは避けるのが無難。余裕をもったスケジュールを組むことをおすすめします。

ダイビング直後に飛行機に乗るのはNG。「減圧症(げんあつしょう)」にかかるリスクが高くなるからです。

減圧症とは、麻痺やしびれ、関節、脱力感、吐き気、全身倦怠感、重度の場合には意識不明や死に至ることもある症状。ダイビング中は、水圧が増えるのに伴い、タンク内の空気に含まれる窒素が体内に蓄積されます。この体内の窒素の量が多い状態で飛行機に乗ると、減圧症を発症する危険性があるのです。

通常、ダイビング後は、吐く息と共に窒素が体外に排出されていくのですが、飛行機の気圧の変化に窒素の排出スピードが間に合わなくなってしまうことが原因です。飛行機だけでなくダイビング後の登山なども減圧症になるリスクがあります。

ダイビングをして飛行機に乗る場合は、できれば24時間ほどあけるのが安心。最低でも1本潜った場合で、12時間以上、2本潜った場合には18時間以上はあけなくてはいけません。

Q:おすすめのダイビングスポットは?

沖縄の青の洞窟はおすすめダイビングスポット

ダイビングは全国様々なところでできますが、ダイビングを目的に旅行するなら、人気が高いのはやはり沖縄。特に慶良間諸島や恩納村の青の洞窟石垣島宮古島などは多くのダイバーが訪れます。

那覇から西に約40kmの海域にある大小およそ20の島からなる慶良間諸島は、ケラマブルーと呼ばれる海やウミガメに出会えることで知られるビーチです。沖縄本土にある恩納村の青の洞窟では、洞窟内の海面に太陽光が反射し青色に輝く神秘的な様子を見られます。沖縄本島で最も人気の高いダイビングスポットです。石垣島は珍しいサンゴ礁やマングローブ林がありダイビングだけでなくカヤックなどのアクティビティも人気。宮古島はサンゴ礁やケーブやアーチなどの水中景観が多くのダイバーを魅了しています。

関東近郊では東京から比較的気軽に足を運べる伊豆諸島が人気。透明度が高く、黒潮で暖流の海で潜れるのが特徴です。関東近郊ではその他に、静岡の伊豆半島の伊豆山や宇佐美、伊東、神奈川の真鶴三浦、東京の小笠原諸島などがあり、より気軽に足を運べるダイビングスポットです。

未経験の人にとってはわからないことが多いスキューバダイビング。しかし、水着さえあれば体験できますし、時間も3時間前後〜と意外と手軽に始められるアクティビティです。興味をもった人はぜひツアーをチェックしてみてください。