ダイビングライセンス種類の違いって?おすすめのダイビングライセンス(Cカード)は?

ダイビングライセンス種類
更新日:
アクティビティジャパン編集部

これからダイビングライセンスの取得を目指す初心者に向けて、Cカードと呼ばれるライセンスの種類、PADIなどメジャーな指導団体とその違い、インストラクター資格について紹介します。


読み込み中・・・

ダイビングのライセンス種類ってどんなものがあるの?

スキューバライセンス種類 ダイビングライセンスを理解してみよう

透き通った水に、色とりどりの魚たち……。日常を忘れて美しい海を満喫できるダイビングは、ストレス解消にうってつけ。働く女性にもオススメのアクティビティです。

これからダイビングを趣味として楽しみたいという人に、ぜひ取得してほしいのが「ダイビングのライセンス」。持っていない場合は、潜る前に毎回基本レッスンを受け、さらにインストラクターの補助を受けながら潜るのが通例です。

しかし、一度ダイビングライセンスを取得すれば、基本レッスンを受ける必要がなく、泳げる範囲が広がります。さらに、潜る水深もライセンスなしに比べて深くなり、潜れる時間も長いといったメリットがあるのです。

通常ダイビングショップでは、体験ダイビングプランの他はライセンスの提示がなければ、ダイビングの器材のレンタルやタンクの購入ができません。このため、本格的にダイビングを楽しもうと思ったら、ライセンス取得を検討するようにしましょう。

ここでは、ダイビングのライセンスについて、その特徴や種類、受講内容や費用などを紹介します。

スキューバライセンス種類

一般的に”ライセンス”(資格)と呼ばれていますが、ダイビングのライセンスは国家資格ではなく、ダイビングスクールなどの民間の指導団体が認定する資格です。正式名称は「Cカード」。Cはcertification(認定)の略で、取得すれば、ダイビングに必要な知識やスキルを習得したことの証となります。

Cカードを得るためには、指導団体による「Cカード講習」を受ける必要があります。

初級のCカード講習では、学科(座学)で器材の扱い方や管理の方法、ダイビングのルール、海の生物との接し方といったダイビングの基礎知識を学び、プール(限定水域)講習で水中での器材のセッティング法や潜り方を学んだあと、実際に海に出て行う海洋実習でそれまで学んだことを実践します。

最近では、学科をEラーニングで行える団体もありますので、忙しい合間を縫って自分のペースで学科を修了することも可能です。

Cカードといっても1つではなく、日本では30以上、海外も含めると40ほどの団体から発行されています。同じ団体のCカードでも、ダイビングスキルによってランク分けがされ、その種類によって潜れる水深やダイビングポイントに差があります(Cカードのランクについては後述)。

ダイビングスクールやダイビングショップのインストラクターは、これらの団体のいずれかに所属しています。インストラクターからCカード講習を受けると、インストラクターの所属する団体のCカードを取得することになります。

団体によってダイビングのコンセプトや講習の内容が少し異なるので、どの団体のCカードが取得できるのか、ライセンス取得のためのコースを受ける前にチェックしておきたいところ。しかし、同じランクのCカードであれば、団体が違っても取得後にできることに大きな差はありません。

スキューバライセンス種類

さまざまな団体がありますが、世界のシェアの60%を占め、日本でもメジャーなのが、アメリカの指導団体PADIのCカードです。PADIのCカードがあれば海外でもダイビングが楽しめるため、どの団体にするか迷ったらPADIを選択肢に入れてもよさそうです。

反対に、ライセンス取得者の極めて少ない団体のCカードでは、潜れないスポットや、装備を貸し出してくれないショップもあります。もし、日本や海外を問わず、さまざまなスポットで潜りたいという場合は、メジャーな団体のCカードを取得しておいたほうが安心です。

とはいえ、実際にライセンスを取得する際は、インストラクターとの相性も大事な要素。ダイビングの目的に合った団体、自分とインストラクターとの相性などを考慮しながら、スクールやショップを選ぶとよいでしょう。

次の章では、団体ごとの違いを見ていきます。

ダイビングライセンスを発行している団体ごとの違い

スキューバライセンス種類

ダイビングライセンスを発行している有名団体として、PADI、NAUI、SSIなどが挙げられます。モットーやコースの内容が少し異なりますが、初級コースの料金は50,000円〜と共通しています。

PADI

1966年にアメリカ・シカゴで設立された団体。「世界中のより多くの人たちにスクーバ・ダイビングを教えて、その素晴らしさと楽しさを知ってもらう」ことをミッションに掲げ、ダイバー向けに「楽しむ」「学ぶ」「磨く」をコンセプトにしたコースを展開しています。

それまで軍隊式のトレーニングが主だったダイビング業界ではじめて、PADIは「手軽に安心して楽しめる画期的なトレーニング」を開発。楽しみながらスキルを磨くPADIのシステムは多くの人に支持されることになりました。

現在では、世界180ヶ国以上、約5,800以上のダイブセンター/ダイブリゾートと提携しており、PADI認定ダイバーは1700万人以上と、規模は世界最大級です。

コースの品質保持に力を入れているPADI。国内・海外で統一された内容のレッスンを受けることができるのが特徴です。初級者〜上級者向けに多様なコースが用意されているので、少しずつステップアップし力をつけていくことができます。

初心者向けのコースとして「PADIオープン・ウォーター・ダイバー・コース」があります。参加年齢は15歳以上、学科のほか実技講習に3日間を要するコースです。学科はEラーニングも用意されています。受講料金はショップや参加人数によって異なりますが、50,000〜100,000円ほど。

NAUI

NAUIは、1960年にアメリカでダイビングインストラクターコースを開催した歴史ある団体。「最愛の人を任せられる信頼」、「Dive Safety Through Education(教育を通じた安全なダイビングの実践)」をモットーに、スキル開発のための確固としたプログラムを提供してきました。その確かなトレーニング内容から、NASAやWalt Disney World Resort、フロリダ水族館とも提携しています。

初心者向けのコースには、「NAUIオープンウォーターダイバーコース」があり、参加年齢は15歳以上(ジュニアダイバーは10歳以上)。日程はショップによって異なり2.5日〜、料金は50,000〜です。学科はEラーニングを活用可能。

SCUBA SCHOOLS INTERNATIONAL(SSI)

SCUBA SCHOOLS INTERNATIONAL(通称SSI)は、「だれでもスクーバダイビングを学べるようにしたい」というダイバーたちの願いから、1970年に設立された団体。世界110ヶ国以上、2,800店以上のショップと提携しています。

国際ISOの承認を受けたダイビング指導団体の1つであるため、SSIのCカードは世界中の海で潜水できるパスポートのような存在です。

初心者向けコースには「SSIオープン・ウォーター・ダイバー・コース」があります。参加年齢は15歳以上で、料金は50,000円〜。

PADIのダイビングライセンス一覧

同じ団体の発行するCカードでも、レベルによってランク分けがされています。代表的な団体PADIのライセンスの種類を確認しましょう。

ライセンス 水深 取得日数 取得費用 取得条件
スクーバ・ライセンス 12m 1日(※事前学習要) 約30,000円〜40,000円 15歳以上
OWD 18m 2日〜4日くらい 約50,000〜100,000円 15歳以上
AOW 30m 最短2日〜 約50,000〜100,000円 OWD以上/同等の他団体Cカード取得者
RED 特になし 最短2日〜 約50,000円〜 AOW修了、エマージェンシー・ファースト・レスポンス(EFR)プログラム修了者
DM 特になし 1週間〜 約150,000円〜 18歳以上、AOW/MSD修了、EFR一次及び二次ケアトレーニングの受講、40ダイブ以上を経験

※上記はおおよその目安です。細かい条件などはショップに問い合わせください。

オープンウォーターダイバー(OWD)

オープンウォーターダイバー(OWD)取得 OWDは、多くの人が挑戦している人気ライセンス

一番初級レベルのCカードのライセンスが、「オープンウォーターダイバー」(通称、OWD)です。学科、プール講習、海洋実習の3ステップを経て取得可能。日数は学科1日〜、講習と実習3日〜と、事前学習ない場合は、取得には最低でも4日はかかります。料金は50,000〜100,000円。

取得すれば、ダイビングに必要な知識を持っているとみなされ、ダイビングショプでの器材のレンタルや購入ができるようになります。また、水深18mまでの潜水が可能になります。

アドバンスドオープンウォーターダイバー(AOW)

アドバンスドオープンウォーターダイバー(AOW)を取得 AOWは潜れるスポットも増えそう

OWD取得後、次のステップとなるのが、アドバンスドオープンウォーターダイバー(AOW)です。PADIでは"アドベンチャー・ダイバー"または"アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバー"の2種類があります。アドベンチャー・ダイバー・コースは10歳以上、アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバー・コースは12歳以上が受講できます。

アドベンチャー・ダイバー認定なら最短で1日、アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバーは最短2日で取得可能。料金はアドベンチャー・ダイバーが40,000円〜、アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバーが50,000円〜です。

アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバーのライセンスを取得すれば、水深30mまでの潜水が認められ、ダイビングを楽しめる海の選択肢がぐんと広がります。

レスキューダイバー(RED)

レスキューダイバー(RED)取得 REDを取得すれば安心して潜れそう

AOW取得後、さらにダイビングのスキルを磨きたいという人は、レスキューダイバー(RED)ライセンス取得を目指してみては? 

PADIアドベンチャー・ダイバー以上のCカードを取得し、日常での緊急時における救助法を学ぶエマージェンシー・ファースト・レスポンス(EFR)プログラムを修了した人に受講資格があります。

コースでは、負傷したダイバーの救助や水中捜索方法などを、2日以上の日数をかけて学びます。料金は50,000円前後。

取得すれば、ダイビングを自分で楽しむだけでなく、他の人の安全を守ることにつながる、有意義なライセンスです。

マスター・スクーバ・ダイバー(MSD)

アマチュア最高峰のライセンスがマスター・スクーバ・ダイバー(MSD)。取得には、RED ライセンス、50ダイブ以上のダイビング経験といった条件があります。こちらは取得のためのコースがあるわけでなく、申請料12,000円ほどを添えてPADIに申請することで、認定を受けられます。

取得すれば、さまざまなダイビングの楽しみ方とトラブルの予防・対処能力を身につけたことの証になり、世界の上級者向けスポットでも潜水可能になります。

ダイブマスター(DM)

ダイブマスター(DM)取得 本格的ライセンス取得登竜門

プロダイバーを目指す人の登竜門といえるライセンスが、ダイブマスター(DM)。プロレベルの高い知識やスキルが必要な、難易度の高いライセンスです。

18歳以上のAOWもしくはMSDライセンスの保持者、最低40回のダイブ経験、EFR一次及び二次ケアトレーニングの受講といった条件があります。コースは1週間ほどで、料金は150,000円前後。取得すれば、ダイビングでリーダーポジションとして活躍することもできます。

アシスタントインストラクター(AI)/オープン・ウォーター・スクーバー・インストラクター(OWSI)

スキューバダイビングライセンス取得

インストラクター資格を目指そうとする人は、まずアシスタントインストラクター(AI)のライセンス取得が必須。取得すればインストラクターの補助を務めることができるようになります。

条件は、PADIダイブマスターライセンスがあること(オープン・ウォーター・ダイバーからレスキュー・ダイバーまでも必要)、18歳以上であること、ログに記載されているダイブ経験本数が60本以上であることなどがあり、AI取得のためのコース受講が必要です。

次のステップであるオープン・ウォーター・スクーバー・インストラクター(OWSI)を取得して試験に合格すれば、本格的にインストラクターとして活動ができます(OWSIについては後述)。

AIコースの受講は最低3日〜、OWSIのコースは最低4日〜で、連続した7日間のコースで両方を取得することもできます。AIとOWSIの料金はそれぞれ100,0000円ほど。両方受講すれば200,000円ほどかかります。

 

初心者にお勧めのダイビングライセンス

スクーバ・ライセンス

スキューバライセンス種類

学科・プール講習・海洋実習の全行程を修了してCカードを取得しようとすると、最低でも3、4日かかります。フルタイムで働く人のなかには、まとまった時間を作るのが難しいということもあるでしょう。また、Cカード取得を目指さずに、もっと気軽にダイビングを楽しみたいというニーズがあるのも事実。

「基本を学び、簡単な潜水をしてみたい」という人におすすめなのが、スクーバ・ライセンスです。

こちらもCカードと同様に、PADIやNAUIといった団体から発行されている民間資格。15歳以上(ジュニア・スクーバ・ダイバーは10歳以上)が取得できます。

PADIの場合

講習では、オープンウォーター講習の前半部分、基礎知識を学びます。修了すれば、インストラクターの引率の下、水深12メートルまでのダイビングが可能になります。また、団体によっては、ダイビング器材の購入やタンク・レンタルなどのサービスを受けることができます。

スキューバ・ライセンスを取得してスキューバを楽しみ、慣れてきたらオープン・ウォーター・ライセンスを取得するのもおすすめ。スクーバ・ライセンスをオープン・ウォーター・ダイバー・コースの一部とみなし、ステップアップが簡単にできる団体もあります。

例えばPADIでは、スクーバ・ライセンス取得後に「知識の開発」と「プール(限定水域)ダイブ」を各2セッション、「海洋実習(オープン・ウォーター・ダイブ)」を受けることで、オープン・ウォーター・ダイバー・ライセンスが取得できます。

NAUIの場合

一方、NAUIにも、スクーバダイバー・ライセンスがあります。「NAUIスクーバダイバー・ライセンス」コースでは、通常、限定水域(足のつくところでのスキル練習)と海洋実習(オープンウォーター)、学科講習を3日間で行います。学科を自宅でのDVD学習にし、限定水域と海洋実習だけの2日間で取得することもできます。

ライセンスを取得すれば、水深18mまでの潜水が可能になるため、PADIのOWDに相当するライセンスとも言えるでしょう。認定されると、Cカードが発行されるのも特徴。OWDと同様に世界中の海でバディーでダイビングを楽しめるようになります。

NAUIスクーバダイバー・ライセンス取得後は、「NAUIアドバンススクーバダイバーコース」に挑戦してみるのもよさそう。ライセンスを取得すれば、水深30mまでのダイビングが可能です。水深以外にもナイトダイビングなど、ダイビングの幅が広がります。

NAUIのスクールによっては、スクーバダイバー・コース受講後に、続けてアドバンススクーバダイバー・コースを受講してもよいそうです。

実際に「NAUIスクーバダイバー・コース」と「NAUIアドバンススクーバダイバー・コース」を開催している沖縄・宮古島の「宮古島ダイビング アクアティックアドベンチャー」の中村さんは、

「ライセンスを取りたいと思っていても取得せず、スキルがあるにも関わらず、毎回体験ダイビングに参加されている方が結構いらっしゃいます。しかし、ライセンスを取得したらもっと自由に楽しく潜れるようになります! 宮古島に限って言えば、洞窟や沈船など潜れる範囲や場所が広がります。体験ダイビングとは全然違った世界を楽しめるようになるため、ぜひライセンスの取得がおすすめです」。

と、これらのライセンス取得のメリットを語ります。

「宮古島のようなリゾートでは、ライセンス取得後にダイビングをしたり、なおかつ観光も楽しみたい、という方もいます。限られた旅程ですべてを満喫したい方は、学科を自宅からネット講習で受けてみてください。時間の短縮ができます。その後、現地で海洋実習などのトレーニングを終えれば、短期間でライセンスを取得できます」。

と、中村さん。学科を自宅学習にすることで、その時間を現地でのダイビングや観光に充てることができます。美しい海を満喫できるのも宮古島ならでは。これからライセンス取得を考えている方は、リゾート地での取得も検討してみては?

老舗の団体であるNAUIの入門ライセンスを宮古島で取得できるプランも人気です。通常3日間で取得可能。DVDで事前学習すれば、2日間で取得も可能。宮古島観光と合わせて時間がない方にもおすすめです。

    NAUIスクーバダイバー・ライセンス取得おすすめプラン

PADIスクーバ・ライセンスで潜れるスポット

スキューバダイビングライセンス取得しよう

スクーバ・ライセンスを取得した人におすすめのダイビングスポットには、静岡県の伊豆奄美大島があります。いずれも、水深10メートル以下で多様な海の生態に触れることができる人気スポット。

伊豆のなかでも富戸は、波が穏やかで初心者でも潜水しやすく、またエビやクマノミといったさまざまな種類の海洋生物に出会えます。このほか、伊豆には川奈下田といった初心者向けのダイビングスポットが豊富。東京から日帰りで訪れて、週末に潜水を楽しむこともできます。

色とりどりの熱帯魚やサンゴなど、南国の海の生物を見たいなら奄美大島。浅瀬の海の底には白い砂がきらめき、本州にはない南の島の海を楽しめます。運がよければウミガメに遭遇できることも。

オープン・ウォーター・ダイバー

オープン・ウォーター・ダイバーライセンス取得しよう

水深18mまで潜ることのできるOWDライセンス。取得後におすすめのダイビングスポットには、東京の小笠原諸島静岡の伊豆沖縄の離島(八重山諸島、西表島、宮古島)などがあります。

父島や母島、その他30あまりの無人島から成る小笠原諸島は、東京近郊の人気ダイビングスポット。「東洋のガラパゴス」と呼ばれる小笠原では、海にも独自の生態系が広がります。水深日本固有種の魚・ユウゼンをはじめ、大型の魚であるイソマグロ、イルカのほか、ウミガメなど多様な生物と遭遇できることも。

八丈島は、海の透明度の高さで知られます。ダイビングスポットも豊富。小さな生物から大型の回遊魚までバラエティに富んだ魚たちに出会えるのが魅力。水深最大20mのダイビングスポットが豊富です。

沖縄のなかでも西表島は、サンゴ礁や熱帯魚の群れといった、海の絶景を眺められることで知られています。水深5〜18mほどのOWD取得者向けのポイントが多数あります。

もっと楽しみたい!インストラクター目指すダイビングライセンス

スキューバダイビングライセンス取得しよう

OWD取得後、さまざまな海でダイビングを楽しみ、「ダイビングを一生の趣味にしたい」「ダイビングの素晴らしさを他の人にも広めたい」と思った人は、インストラクター資格取得を考慮してみては?

インストラクター資格は、オープンウォータースクーバインストラクター(OWSI)などと呼ばれています。OWDから段階的に中・上級資格を取得したのち、一定のダイビング本数を経験した人に受験資格が与えられます。

もっともメジャーな団体・PADIの場合、最初のライセンスであるOWD取得後、中級のアドバンスドオープンウォーターダイバー(AOW)からアシスタントインストラクター(AI)までのすべての資格を取得した後、コースへの参加が認められます。

コースの参加には、ナイト・ダイビング、ディープ・ダイビング、アンダー・ウォーター・ナビゲーションなど難易度の高い潜水を含めた60本以上のダイブ経験などの条件があります。

そして、OWSI資格取得のためのコースに参加後、インストラクター試験(IE)を受けることができます。

資格取得のためのコースは、OWDと同様にショップやスクールが開いており、店によって日数や値段が少し異なります。日程はおおよそ4日間〜、料金は100,000円〜ほどです。また、コース終了後に受験できる試験(IE)の費用は、103,400円です。(※2020年5月現在)

取得すれば、平日は会社員として働き、休日に副業としてダイビングのインストラクターをすることも可能に。インストラクターを本業にすることも夢ではなくなります。

海の美しい景色に出会えるダイビング。まずは OWD のライセンス取得をして、ダイビングを楽しむための第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか?

ダイビングライセンスのよくある質問

Qスキューバダイビングに必要なライセンスと種類の違いについて

A ダイビングのライセンスは国家資格ではなく、ダイビングスクールなど民間の指導団体が認定する資格です。正式名称は「Cカード」。Cはcertification(認定)の略で、Cカード講習を修了すれば、ダイビングに必要な知識やスキルを習得したことの証となり、器材のレンタルや購入ができるようになります。一番初級レベルのCカードライセンスが「オープンウォーターダイバー(通称OWD)」で、それ以降ダイビングスキルによってランク分けがされ、種類によって潜れる水深や、ダイビングライセンスを発行している民間団体によってもダイビングポイントに差がある場合があります。

Qダイビングスクール・ショップの選び方と、ライセンス取得におすすめのエリア

A ダイビングライセンスを発行している民間団体は世界に約40団体も存在します。世界のシェアの60%を占めるPADI(パディ)、世界最古の指導団体とされるNAUI(ナウイ)、経験豊富なダイバーを育てることを重視しているSSI(エスエスアイ)が有名ですが、団体によってダイビングのコンセプトや講習の内容が少し異なります。日本や海外のさまざまなスポットで潜りたい場合は、メジャーな団体のCカード取得がおすすめです。ダイビングショップが多いエリアとしては、関東では伊豆、関西では和歌山が有名ですが、季節を気にせず参加できる沖縄は最も人気のエリアといえます。

QPADIのダイビングライセンスの種類、費用や期間、対象年齢は?

A 代表的な団体PADIのCカードライセンスの種類は主に4種類で、一番初級の「オープンウォーターダイバー(通称OWD)」は、学科・プール講習・海洋実習の3ステップを経て水深18mまでの潜水が可能になります。取得日数は事前学習のない場合最低でも4日が必要となり、料金相場は50,000〜100,000円です。水深30mまでの潜水が認められ、ダイビングの選択肢が広がる次のステップ「アドバンスドオープンウォーターダイバー(AOW)」は、10歳から受講可能のアドベンチャーダイバーコースと、12歳以上受講可能のアドヴァンスドオープンウォーターダイバーコースがあり、40,000円〜、最短1~2日で取得可能です。そのほか、緊急時における救助法を学ぶ有意義なライセンス「レスキューダイバー(RED)」や、アマチュア最高峰の申請による認定ライセンス「マスタースクーバダイバー(MSD)」などが用意されています。

Q初心者におすすめのダイビングライセンスと受講内容

A 最短で基本を学び、簡単な潜水から始めたい方におすすめなのが「スクーバ・ライセンス」。Cカードと同様にPADIやNAUIから発行されている民間資格で、15歳以上(ジュニアは10歳以上)から取得でき、修了するとそれぞれインストラクターの引率の下水深12m-18mまでのダイビングが可能になります。ダイビング器材の購入やレンタルも利用でき、Cカードのオープンウォーターダイバーへのステップアップが容易になるのも特徴です。スクールによっては事前学習をオンラインで行うことで最短1日で取得ができ、気軽に臨めるライセンス取得です。

記事監修紹介

  • 4.6
  • (133件の口コミ)
  • 沖縄
  • 沖縄(離島)
  • 宮古島(伊良部島・下地島・来間島・池間島)
  • シュノーケリング
  • 体験ダイビング(初心者OK)
  • ダイビングライセンス取得

宮古島でのダイビングは是非「アクアティックアドベンチャー」で体験してください! 初めての方でも大歓迎で、初心者でも気軽に参加できます。初心者の方からベテランダイバーの方までお一人様から毎日出港します。宮古島に到着してからのダイビングも大歓迎です。

営業時間7:30~21:00
定休日年中無休


アクティビティ・体験から探す
読み込み中