日本の人気スキューバダイビングスポットまとめ(沖縄、伊豆、和歌山、鹿児島、関東など)

日本のダイビングスポットまとめ画像
更新日:
アクティビティジャパン編集部

国内のダイビングスポットといえば、沖縄や伊豆などを思い浮かべる人が多いかもしれませんが、両エリア以外に、神奈川、兵庫、和歌山、鹿児島、五島列島など九州や関西などにも多くあります。 また、あまり知られていませんが、北陸や甲信越、東北などにも点在しています。 今回は、国内の主なダイビングスポットをまとめました。

読み込み中・・・

日本全国のダイビングスポット地図

地図の拡大縮小ができます。

関東・東海のダイビングスポット

都心からアクセスしやすいダイビングスポット画像 都心からアクセスしやすいダイビングスポットといえば、まず神奈川や伊豆半島や伊豆諸島があります。

伊豆・伊豆諸島・沼津

​火山活動により形成された複雑な地形がダイバーを魅了している伊豆半島。数多くのダイビングスポットが半島を囲むように点在しています。

特に有名なスポットが集まっているのが東伊豆。城ヶ崎海岸沿いには、レジャーダイビング発祥の地と言われる「伊豆海洋公園」や、美しい砂地とイソギンチャク畑で知られる「ヨコバマビーチ」、多様な海の生き物を観察できることでも知られ、写真派ダイバーにも人気の「八幡野ビーチ」などがあります。

南伊豆は透明度の高く南国のような水景を楽しめる「ヒリゾ浜」が有名。ウミガメやハンマーヘッドシャークも出現することもあります。


西伊豆・沼津では、回遊魚や甲殻類、人気のウミウシの他に、マンタ、春先にはマンボウが姿を表すなど多彩な生き物に出会える大瀬崎エリアなどが人気です。大瀬崎の隣、井田では全長200mもある「井田海水浴場」でダイビングができます。ここは岸のどこからでもエントリーできて、さまざまなコースを楽しめるのが魅力です。

半島以外の伊豆諸島では、日本ジオパークに認定され火山によりできたダイナミックな地形を見られる大島や、南国ムード漂う八丈島でのダイビングも人気です。

神奈川

神奈川のダイビングスポット画像

​神奈川には相模湾に沿ってダイビングスポットが点在しています。江ノ島、三浦半島、葉山、真鶴、根府川周辺などで潜ることができます。

人気が高いのが、三浦半島、葉山、真鶴などのエリアです。

三浦半島のメインのスポットは、城ケ島大橋で繋がった「城ケ島」周辺です。黒潮の恩恵を受ける相模湾側、栄養分豊富な東京湾側の両サイドにダイビングスポットがあり、何十種ものウミウシなど様々な生き物に出会えるのが魅力です。

葉山のメインとなるダイビングスポットは、「芝崎海岸」周辺。黒潮の影響を受け、季節ごとに多彩な生き物を観察できる他、ウミウシをはじめとする無脊椎動物も多くいます。

真鶴の岩海水浴場周辺では、様々な回遊魚や海の生き物に出会える他、大きな人工漁礁があり、ソフトコーラルや数多くの魚たちの美しい水景を楽しめます。真鶴では他に、県の天然記念物指定のサンゴイソギンチャクの群生がある「福浦ビーチ」などのスポットもメジャーです。

千葉

​サーフィンのメッカとして知られる千葉房総半島ではダイビングスポットも多くあります。

中でもスポットが集まっているのが南房総の館山周辺です。 波左間エリアにある「波左間海中公園」には、世界で唯一と言われる海底神社があり、周辺には「頼子(よりこ)」という愛称の巨大海水魚・コブダイの姿や、根の周りや砂地でエビ、カニ、ウミウシ、ハゼ類など様々な海の生き物を見られます。

館山湾の南端に位置する沖ノ島もダイビングやシュノーケリングで人気のスポット。初心者から潜れる沈船ポイント「沖ノ島沈船(おきのしまちんせん)」が有名です。

南房総以外にも、外房エリアは、勝浦市浜行川に10種類以上のウミウシが観察できる"ウミウシ天国"とも呼ばれるビーチポイント「コミナリビーチ」があり、初心者から上級者までダイバーを楽しませています。
内房エリアでは勝山にある「浮島(うきしま)」周辺がメジャーなダイビングスポットです。


関西のダイビングスポット

関西のダイビングスポット画像

関西で人気のダイビングエリアといえば和歌山。特に紀伊半島の南部と東部にダイビングスポットが点在しています。中でも人気があるのが、串本、白浜エリア

​日本海に面し、京都の京丹後市、兵庫の豊岡市・香美町・新温泉町、鳥取の岩美町・鳥取市にまたがり、東西約120kmにわたっている山陰海岸ジオパーク。この日本海沿線にもダイビングスポットが点在しています。
透明度も高く山陰は対馬暖流の影響を受けるため、夏から秋にかけては日本海ならではの生き物やカラフルな魚たちの姿を楽しめます。
中でも兵庫の竹野は人気のダイビングスポットです。

和歌山

和歌山のダイビングスポット

紀伊半島の南端にある串本は、黒潮の影響で熱帯性の生き物と温帯性の生き物が混在するエリア。串本海中公園にある「グラスワールド」が有名。南の島さながらのカラフルな魚たちに出会え、写真派ダイバーにも人気のダイビングポイントです。串本と橋で繋がっている紀伊大島周辺にも多くのダイビングスポットが点在しており、こちらにはケープダイビングのもできます。


美しいビーチやパンダで有名なアドベンチャーワールド、白浜温泉などで知られる「白浜」も多くのダイバーが訪れるエリア。ダイナミックな地形や人気のウミウシなど豊富な生き物が魅力で初心者から上級者まで多くのダイバーが訪れています。初心者でも楽しめる全長28mの沈船ポイントも人気です。

兵庫

南北で海に面している兵庫。それぞれにダイビングスポットが点在していますが、メジャーなのが北部・山陰海岸ジオパーク内の豊岡市に位置する竹野町。日本の渚100選に選ばれている「竹野浜海水浴場」や細長い地形の」「猫崎半島」の周辺などでダイビングを楽しめます。人気のポイントは「淀の洞門」。入り組んだ水路は冒険気分を味わえます。ウミウシが豊富なことでも知られています。


山陰のダイビングスポット

山陰のダイビングスポット画像

山陰地方の海は対馬暖流の影響を受けるため、透明度が高く、日本海ならではの生き物やカラフルな魚たちの姿を楽しめます。関西地方の京都・兵庫から鳥取にまたがる山陰海岸ジオパークや、山口の相島や見島などの離島、日本海に面する島根の大田市、隠岐の島などのダイビンングスポットがあります。

島根

島根半島の沖に浮かぶ4つの有人島と180あまりの無人島からなる「隠岐島」では、入り組んだ海岸線と奇岩などが有名で、ダイビングでもダイナミックな地形を楽しめます。

対馬海流の恵みを受け、島周辺には回遊魚が群泳しておりブリの群れに高確率で出会えます。沖合にはイルカが現れる事も!

四国のダイビングスポット

四国のダイビングスポット画像 四国エリアの海では、黒潮の影響でテーブルサンゴや南国ながらの水景を楽しめます。海の生き物も豊富でカメラ派のダイバーにも人気。

高知

高知のダイビングスポットは南西部に点在しています。ホエールウォッチングでも有名な大月町の海はダイビングスポットとしても知られており、陸続きの「柏島」周辺がメインスポット。1000種類もの生き物が生息していると言われ、日本でも有数のテーブルサンゴの群生も見ることができます。

大月町の隣、古くから港町として栄えた土佐清水市にある「足摺岬(あしずりみさき)」は日本列島で一番初めに黒潮が訪れる場所と言われ、回遊魚や彩やかな熱帯魚の姿を観察できます。


大月町の西部、宿毛湾の沖あい約23kmに浮かぶ「鵜来島(うぐるじま)」や、鵜来島の南に位置するのが沖ノ島などの海域も、透明度が高く魚影の濃さにも定評があるダイビングスポットです。

九州のダイビングスポット

九州のダイビングスポット画像

四方が海で囲まれた九州は、本土の沿線や周りの島々にダイビングスポットが点在しています。特に北西・南西にかけて多くあります。

島々でのダイビングの人気も高く、最北は対馬暖流が流れ込む福岡の壱岐島(いきのしま)や玄界灘エリアから、西は五島列島、南は鹿児島の奄美大島までさまざまな環境があり、サンゴや地形、大物からマクロまでの豊富な生き物が多くのダイバーを魅了しています。

鹿児島

九州のダイビングスポットの中でも、活火山の桜島など特殊な環境や地形が特徴の鹿児島。地形を楽しめるだけでなく、南国らしい海の青さや熱帯魚など、多くの魅力があります。

九州の南端にある「坊津(ぼうのつ)」は鹿児島の定番のダイビングスポット。透明度が高さは九州一とも言われ、レアな生き物も多くいるのでカメラ派やマクロな生き物が好きなダイバーにおすすめです。


その他に、独特の生物や地形が楽しめるのが、鹿児島のシンボル・桜島、マクロから大物まで様々な生物が生息し冬場にはホエールウォッチングも楽しめる奄美大島、屋久島では南国ムード漂う海を楽しめ、ウミガメに出会えることも。屋久島は戦時中に墜落した戦闘機が見られるポイント「ゼロ戦」も有名です。

サンゴや地形、大物からマクロまでの豊富な生き物が多くのダイバーを魅了しています。

五島列島

長崎市から西へ約100kmの位置に、大小130余りの島々が連なる「五島列島」。海浜、海蝕崖、火山景観など、ありのままの自然が多く残されています。黒潮の恩恵を受けるため、サンゴやソフトコーラル、南方系の魚から大きなものまで多種多様な生き物に出会えます。

中級者以上向けですが、もっとも有名なポイントが、「高麗曾根」。黒潮が直接あたるため透明度が高く、魚影が濃いのが魅力。5月下旬~6月上旬にかけて、産卵のために集まるイシダイの大群を見られます。
サメやマダラトビエイ、アオウミガメなどの大物にも出会えるポイントです。105m以上ある運搬船が沈んでいる「沈船」も中級以上のダイバーに人気です。
屋根尾島、サザエ島、前ノ島などには初級者向けのスポットも多くあります。

沖縄のダイビングスポット

沖縄のダイビングスポット画像

日本最南端、大小あわせ約160の島々から成る沖縄。言わずと知れたダイビングの人気スポットで、島々は大きく分けて沖縄本島と、その周辺の島々、久米島、宮古島諸島、慶良間諸島、八重山諸島があり、それぞれに多くのダイビングスポットが点在しています。
透明度が高く青い海、サンゴ礁、ダイナミックな地形、マンタやウミガメなどの海の生き物が多くのダイバーを魅了しています。​

沖縄本島

東京から飛行機で約2時間半、沖縄の玄関口となっている沖縄本島にもダイビングスポットは数多くあります。
「青の洞窟」がある恩納村(おんなそん)エリア、防波堤沿いにビーチスポットが点在する北谷(ちゃたん)エリア、沖縄最南端にあり一年を通してダイビングを楽しめる糸満エリア、半島や離島にダイビングスポットが点在する本部(もとぶ)エリアなどで潜ることができます。

慶良間諸島

​慶良間諸島は、那覇市から西に40kmほどの場所にあり、渡嘉敷島、座間味島、阿嘉島、慶留間島の4つの有人島と無人島、大小20余りから成る島々。"ケラマブルー"と称される透明度の高い海とサンゴ礁が魅力です。2014年には国立公園に指定されています。

ダイビングスポットは、渡嘉敷島、座間味島、阿嘉島が中心。ボートダイビングがメインで、美しいサンゴ礁、魚影の濃さ、透明度の高い海に加え、水深が浅く初心者でも楽しめるポイントからダイナミックな地形を楽しめる上級者向けのポイントまで数多く、そしてバラエティ豊か。どの島も娯楽施設や大型リゾートホテルはないため、自然やアクティビティを満喫したい人におすすめです。

石垣島

石垣島のダイビングスポット画像

八重山諸島への玄関口となる石垣島には島内に多くのダイビングスポットが点在しています。
手つかずの自然が残る北部「マンタスクランブル」などのダイビングポイントで知られる中部、市街地に近い南部と3つに分けられます。また、竹富島や黒島などでも潜ることができます。

宮古島

宮古島の東南には、平安名崎(ひがしへんなざき)周辺から南の海岸に沿ってダイビングポイントが点在しています。ダイナミックな地形、熱帯魚の群れや回遊魚の群れまで見ることができるのが特徴です。
「パナリ干瀬インナーリーフ」は有数の珊瑚の群生ポイント。島の南側、七又海岸の沖にある「七又(ななまた)アーチ」などの地形スポットもあります。


甲信越・東北のダイビングスポット

甲信越・東北のダイビングスポット画像

ダイビングスポットといえば、沖縄や伊豆、南部にある離島などがメジャーですが、甲信越・東北エリアにもダイビングスポットが点在しています。
北陸の海は暖流と寒流が入り混じるため、日本海固有の魚や生き物と南方系の魚や生き物が現れる、独特の水景を楽しめるのが魅力です。石川の能登島、福井の越前、新潟の佐渡島などで潜ることができます。
東北の海で潜るのは厳しいイメージがありますが、夏から秋にかけては水温が20度以上になるので、ダイビングを楽しめます。ホヤや海藻類などの水景がダイバーを楽しませています。宮城の津川や女川、山形の庄内などが知られています。

新潟

新潟県の中央部の海岸線にある柏崎は、日本での海水浴場発祥の地。中でも、「快水浴場百選」に選ばれている「番神海水浴場」は広い砂浜と浅瀬にある岩場もあり、家族連れに人気のビーチ。晴れた日には佐渡島を望めます。護岸を降りて数十秒でエントリー可能で、初心者でも楽しめるダイビングスポットです。最大水深は10m程。砂地から岩礁地帯が広がり、四季によって様々な景観や生き物の姿を楽しむことができます。特に春から初夏にかけては海藻が生い茂り、透明度が高く、魚たちの数も種類も増え稚魚や根魚などを多く観察できます。

また、新潟のダイビングエリアといえば佐渡島。島の北部、南部と西側にダイビンングポイントが点在しています。ダイビングは水温、透明度も高くなる8月がおすすめ。コブダイ合える「赤岩」というポイントが有名。ナイトダイビングもでき、1〜3月頃はヤリイカの産卵を見ることができます。



宮城

宮城県三陸沖は世界でも有数の漁場で世界三大漁場の1つとも呼ばれています。親潮と黒潮の影響を受けたミネラルが豊富な海で北から南から多くの魚がやってきます。寒い地域の魚から南のサンゴ礁で育った熱帯魚まで見られるのが三陸沿岸の特徴。

ダイビングスポットとして知られるのは、リアス式海岸で多様な自然環境が広がり、多種多様な生き物が生息している志津川エリアや、珍しいマクロ系の魚や海藻類が特徴的なポイントがある女川エリアなど。これらのスポットは、東北エリアの交通拠点の一つである仙台から日帰りできるのも魅力です。

ダイバーたちを魅了する国内のダイビングスポットを紹介しました。沖縄や伊豆以外にも多くあります。旅行のついでにダイビングにチャレンジしてみるのもおすすめです。



日本の人気スキューバダイビングスポット よくある質問

Q国内でスキューバダイビングが楽しめる場所は?

A 国内でのダイビング(スキューバダイビング)スポットといえば、真っ先に『沖縄』を思い浮かべる人も多いでしょう。確かに『沖縄』は言わずと知れたダイビングの聖地ですが、ダイビングのおすすめスポットは日本全国各地に多数あります。『関東』や『関西』の都市部から日帰り可能な場所でも、ダイビングを楽しむことができますよ。

Q沖縄周辺のおすすめダイビングスポット

A 沖縄周辺の海域は一年を通じて水温が高く秋や冬でも多くの体験ダイビングツアーが実施されていることから、初心者におすすめのダイビングスポットと言えます。沖縄本島はもちろん、慶良間諸島や石垣島、宮古島といった有名なダイビングエリアが多数存在しており、多くのダイバーを魅了する国内屈指のダイビングの聖地とも言えます。

Q東日本のおすすめダイビングスポット

A 関東では、静岡県の伊豆半島や千葉県の房総半島などに多くの有名ダイビングスポットが集まっています。神奈川県の江の島・葉山周辺エリアの海であれば、都心から日帰りでのダイビング体験が可能です。その他、日本海に浮かぶ新潟県の佐渡島やリアス式海岸で有名な宮城県の三陸沿岸といった北の海でも、ダイビングを楽しむことが可能です。

Q西日本のおすすめダイビングスポット

A 関西で人気のダイビングエリアといえば、太平洋に面した紀伊半島・和歌山県の海がまず挙げられます。山陰の日本海沿岸に広がる『山陰海岸ジオパーク』にもダイビングスポットが点在し、日本海ならではの生物の姿を見ることができます。海中に南国さながらの景色が広がる四国や九州は、近年上級者ダイバーからの評価が高いスポットです。

アクティビティ・体験から探す
読み込み中