シュノーケリングとは?泳げない人にもおすすめ!服装・道具やダイビングとの違いを徹底解説!

シュノーケリングとは?泳げない人にもおすすめ!服装・道具やダイビングとの違いを徹底解説!
更新日:
アクティビティジャパン編集部

このページでは、マリンアクティビティの大人気種目シュノーケリング(スノーケリング)体験の基礎知識を徹底解説!

必要な道具(装備)・適した服装」や「基本テクニック」、「何歳から何歳までできる?」や「ダイビングとの違いは?」などの基本情報と合わせて、沖縄や関東近郊など「日本全国のおすすめスポット」を紹介します。

小さな子供から大人まで、また初心者や泳げない人でも安心して楽しめるシュノーケリング体験ツアーに参加して絶景マリンスポットを大満喫しましょう!

シュノーケリングとは?

シュノーケリングとは?泳げない人にもおすすめ!服装・道具やダイビングとの違いを徹底解説!

シュノーケリングの魅力

シュノーケリングとは、マスク(ゴーグル)とシュノーケル(呼吸用のパイプ)を装着し、顔を水面につけながらの遊泳を楽しむマリンスポーツの一種。

マスクにより水中で目を開けることができ、シュノーケルにより顔が水についたまま息を吸うことができるため、快適かつ長時間に渡り遊泳を楽しむことができます。

泳ぎながら、あるいは水面にぷかぷかと浮かびながら、色とりどりの魚たちやサンゴ礁などの生物が息づく海中世界をゆっくりと観察できることが最大の魅力。

また、原則としてライフジャケット(シュノーケリングベスト・フローティングベスト)の着用を義務付けられているため、小さな子供や泳ぎが苦手な方でも溺れる可能性が低いことがメリットに挙げられます。

以上のことから、シュノーケリングはマリンスポーツ初心者にもっともおすすめな種目の一つと言えます。

シュノーケリングとスキューバダイビングの違い

シュノーケリングとは?泳げない人にもおすすめ!服装・道具やダイビングとの違いを徹底解説!

シュノーケリングはライセンスが不要!

シュノーケリングの主な目的は、浅い水面に浮かび(泳ぎ)ながら魚やサンゴ礁などが息づく海中世界を観察すること。

シュノーケリングのポイントまでフィン(足ひれ)を付け泳いで移動するようなツアーの場合、どうしても泳力が必要となりますが、全く泳げない人でも顔を水につけられさえすれば、水面に浮いているだけでもそれは立派なシュノーケリング体験!

泳げなくても、普段なかなか見ることのできない、海中の景色を眺められます。

また、ライセンス(免許)などの資格が不要であることも、シュノーケリングの特徴。

ガイド付きの体験ツアーに参加することで、老若男女を問わず誰でも楽しむことができます。

スキューバダイビングはライセンスが必要!

一方、スキューバダイビングとは、海中に潜り、魚たちと同じ目線で泳ぎ海中世界を観察・調査することなどを主な目的とします。

長時間に渡り水の中に潜水するため、空気(酸素)が入ったタンクやBCD、残圧計やダイブコンピューターなど専門的な器材を数多く必要とします。

また、単独で海に潜るためにはダイビングライセンス(Cカード)の取得が必須となり、潜れる深さやエリアなどによってさまざまなグレードがあります。


POINT!

ダイビングライセンス(Cカード)を持っていない初心者でも海に潜ることができるツアーのことを「体験ダイビング」と呼びます。


シュノーケリングとスキンダイビングの違い

シュノーケリングとは?泳げない人にもおすすめ!服装・道具やダイビングとの違いを徹底解説!

スキンダイビング=素潜り

スキンダイビングとは、いわゆる「素潜り」のことです。

シュノーケリングと同様の道具を身につけて海の中へと潜水し、呼吸を止めて息が続く限り海の中を泳ぐことが主な楽しみ方。

もちろんライセンス(免許)は不要であり、泳げる人であれば誰にでも簡単に楽しめるように思われがちですが、潮の流れがある海での素潜りは練習による経験・スキルを必要とします。

はじめてのスキンダイビングにチャレンジする際は、必ずガイドインストラクターが指導する体験ツアーに参加して安全にお楽しみください。


シュノーケリングに必要な道具

シュノーケリングとは?泳げない人にもおすすめ!服装・道具やダイビングとの違いを徹底解説!

以下では、シュノーケリングセットと呼ばれる「シュノーケリングに必要な道具」のそれぞれの名称と役割を解説します。

ご自身でマイグッズの購入を検討されている方は、下記リストを参考に適切なシュノーケリングセットを選びましょう。

シュノーケリングセット

マスク(ゴーグル)

シュノーケリングの「マスク(ゴーグル)」は、目だけではなく鼻まで覆われており呼吸をするときに水を吸い込んでしまうことを防いでくれます。子供用や女性用などさまざまなサイズがあるので顔にフィットするものを選びましょう。

シュノーケル(スノーケル)

シュノーケリング中に息を吸うための道具が「シュノーケル(スノーケル)」です。口に咥えるマウスピースと水の外に出して酸素を取り込むパイプが一体となっており、初心者にも使いやすいよう排水弁がついているものもあります。

フィン(足ひれ)

水面を泳いでスムーズに移動するために「フィン(足ひれ)」は必須です。足を滑り込ませて履く「フルフットタイプ」とベルトで締め具合の調整が可能な「ストラップタイプ」の2種類があり好みに応じて選ぶことができます。

マリンシューズ

シュノーケリングスポットは、足につく地面が岩場やサンゴ礁の場合があります。ゴツゴツしていて足場の悪い環境でも怪我なく歩くためにソールが滑りにくく頑丈な「マリンシューズ」を用意しましょう。

マリングローブ

シュノーケリング中や海遊びをしている最中、とっさに手をついた場所がゴツゴツした岩場の場合もあります。岩場やサンゴ礁から手を守るために「マリングローブ」を着用し安全にシュノーケリングを楽しみましょう。

シュノーケリングベスト

シュノーケリングベスト(フローティングベスト)」はシュノーケリング体験における必須アイテム。海の中でも浮力が保たれるため溺れることを防ぎ、体力を消耗せずに長時間に渡り水に浮いていられます。


POINT!

アクティビティショップが開催する体験ツアーでは、これらの道具・器材をレンタルすることが可能です。

シュノーケリングのやり方

シュノーケリングとは?泳げない人にもおすすめ!服装・道具やダイビングとの違いを徹底解説!

ここでは、「シュノーケリングの事前準備」と「シュノーケリングのテクニック」をご紹介します。

これらの基礎知識を頭に入れておくことで、より安全にシュノーケリングを楽しむことができます。

シュノーケリングの事前準備

シュノーケリングの事前準備としてもっとも大切なことは「準備運動」と「道具の理解」です。

海に入る前には、必ず陸地でストレッチ・柔軟体操などで入念に体をほぐしましょう。

しっかりと準備運動をしていないと、泳いでいる時に足がつったり筋肉を痛めたりして十分なパフォーマンスを発揮できないという危険性があります。

そして、マスクやシュノーケルの使い方など、道具の特性を理解しておくことも重要なポイントです。

シュノーケルを使った水の中での呼吸方法などをしっかりと練習・シミュレーションしてから海に入りましょう。

シュノーケリングのテクニック

シュノーケリングには「シュノーケルクリア」と「マスククリア」という2つの基本テクニックがあります。

シュノーケルクリアとは、シュノーケルに入ってしまった水を噴き出すテクニックです。

水面に浮き上がった状態で、シュノーケルに勢いよく息を吹き込むことで排水することができます。

そしてマスククリアとは、マスク(ゴーグル)に入ってしまった水を外に流すテクニックです。

斜め上を向いた状態でマスクのフレームを軽く押さえ、鼻から息を吐き出すことでマスクに入った水を排水することができます。


シュノーケリングの注意点

シュノーケリングとは?泳げない人にもおすすめ!服装・道具やダイビングとの違いを徹底解説!

以下では「シュノーケリングの注意点」としてシュノーケリングを事故なく安全に楽しむためのルール・マナーをご紹介します。

はじめてシュノーケリングを楽しむ初心者の方は、プロのインストラクターがガイドする体験ツアーに参加することをおすすめします。

一人で海に入らない

シュノーケリングに限らず、多くのアウトドアスポーツ・マリンスポーツを一人で楽しむことは絶対にやめましょう

自然の中では予期せぬ事故や災害などあらゆるトラブルが起こり得るので、複数人で楽しみ何かあった時は助け合える環境を整えることが鉄則です。

潮の流れが速い場所や波の高い場所には近づかない

潮の流れが速いポイントや波の高いポイントでシュノーケリングをするのは絶対にNGです。

海の中を除くことに夢中になっている間に、知らず知らずのうちに沖に流されて陸に戻ることが困難になってしまうケースがあります。

魚やサンゴ礁などの生物に触らない

シュノーケリング中に魚たちやサンゴ礁、あるいはウミガメなどの海中生物に触れる(触れようとする)ことはご法度です。

特にサンゴ礁は、表面がゴツゴツとしていて怪我の危険性があることや種類によっては毒を持っているものもいます。

飲酒後・二日酔いなどで海に入らない

旅行やデートなどのお出かけ先などでは、羽目を外して前日にお酒を飲み過ぎてしまうこともありますよね。

飲酒後や二日酔いの場合は海に入ることを避け、シュノーケリングは体調を万全に整えて楽しみましょう。


シュノーケリング体験ツアーに参加しよう!

シュノーケリングとは?泳げない人にもおすすめ!服装・道具やダイビングとの違いを徹底解説!

四方を海に囲まれる島国である日本には、北は北海道、南は沖縄まで、全国各地にシュノーケリングの名所が点在しています。

透明度の高い海をプレイフィールドに、色とりどりの魚たちやサンゴ礁はもちろんのこと、野生のウミガメやマンタ、イルカなど、地域によってさまざまな海中世界を見ることができます。

ここからは、体験ツアープランを探されている方に向けて「年齢制限」や「参加資格」、「必要な準備や服装」や「ビーチエントリーとボートエントリーについて」など、知っておくべき基礎知識を紹介します。

年齢制限やツアーの参加資格

シュノーケリングとは?泳げない人にもおすすめ!服装・道具やダイビングとの違いを徹底解説!

シュノーケリング体験ツアーには「何歳から何歳まで参加できる?」という疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

シュノーケリングは特別な技術を必要としないマリンスポーツのため、子供から大人まで、また健康な方であればご年配者まで、老若男女年齢を問わず楽しむことが可能です。

一部、コースの難易度によって小学生・中学生以上からなど年齢制限が設けられている場合がある一方で、乳児や幼児(1歳・2歳・3歳)から参加が可能なキッズ向けツアーを開催するショップも少なくありません。

そのため、カップルやお友達同士はもちろん、小さい子供のいるファミリーやおじいちゃんおばあちゃんを含む家族3世代で一緒に楽しめることも人気の理由です。

必要な準備や服装は?

シュノーケリングとは?泳げない人にもおすすめ!服装・道具やダイビングとの違いを徹底解説!

続いてはシュノーケリングの「必要な準備・持ち物」や「適した服装」について解説していきます。

アクティビティショップが開催する体験ツアー代金には、専用の道具・器材のレンタル料が含まれるケースが一般的です。

そのため、シュノーケルセット一式はご自身で用意する必要はなく、水遊びの用意があれば基本的に手ぶらで参加することが可能です。


以下では、シュノーケリング体験ツアーに参加する際の準備として「適した持ち物・服装」と「あると便利な物」の一例をリストでご紹介します。

適した持ち物・服装

  • 水着
  • ラッシュガード
  • レギンス
  • タオル
  • 着替え
  • ビーチサンダル
  • 防寒着

あると便利なもの

  • 帽子(濡れても良い素材のキャップ・ハット)
  • サングラス
  • 日焼け止め
  • マリンシューズ
  • グローブ

上記のリストは、シュノーケリング体験ツアー参加の際に推奨される服装・持ち物の一例です。

また、マリンシューズやグローブなどは貸し出しを可能とするショップもあるため、事前に予約するプランの詳細を確認のうえ、持ち物の準備をしましょう。

ビーチエントリーとボートエントリー

シュノーケリングとは?泳げない人にもおすすめ!服装・道具やダイビングとの違いを徹底解説!

シュノーケリングの体験ツアーには、大きく分けて「ビーチエントリー」と「ボートエントリー」の主な2種類があります。

ここでは、その2種類の違いやそれぞれの特徴やメリット・デメリットを解説していきます。

ビーチエントリーとは?

「ビーチエントリー(ビーチシュノーケリング)」とは、海水浴場の砂浜や岩場などの陸地から海に入りシュノーケリングポイントを目指す方法です。

水深が浅い場所から海に入れるため、小さな子供連れファミリーや泳ぎが苦手な方向けのツアーが多いことが「ビーチエントリー」の特徴に挙げられます。

また、比較的低価格で予約できる体験ツアーが多いことや、ボートに乗らないため船酔いなどが心配な方にもおすすめのエントリー方法です。

さまざまなメリットがある一方で、陸地からの距離が近い限られたシュノーケリングポイントでしか開催できないというデメリットもあります。

ボートエントリーとは?

「ボートエントリー(ボートシュノーケリング)」とは、ボート(船)に乗って沖にあるシュノーケリングポイントを目指す方法です。

シュノーケリングのメッカとも言える沖縄(離島を含む)や鹿児島などには、ボートでしかたどり着けない絶景シュノーケリングポイントが数多く点在しています。

またそれらのスポットでは、陸地の近くではめったに見られないウミガメやマンタ、イルカなどさまざまな海洋生物との遭遇率が格段に上がります。

デメリットとしては、ボートに乗船するためその分料金が高くなることやツアー所要時間が長くなることなどが挙げられます。


シュノーケリングのおすすめスポット

最後に、日本全国の「シュノーケリングのおすすめスポット」を地域ごとに紹介します。

シュノーケリングの名所として有名なスポットで開催されるおすすめ体験ツアープランのレビュー・口コミ体験談による評判などを参考にプラン選びの比較検討にお役立てください。


POINT!
土日祝日やゴールデンウィーク・夏休み・シルバーウィーク期間などの長期休暇シーズンは各プラン多くの予約・お問い合わせが予想されます。スケジュールの空き状況をご確認の上早めの予約手配をおすすめします。

沖縄のおすすめシュノーケリングスポット

沖縄本島

沖縄本島には、県内人気No.1スポットとも言える「青の洞窟・恩納村」をはじめ、フェリー・高速船で日帰りアクセスが可能な「慶良間諸島(ケラマ)」や「水納島(みんなしま)」など数多くのシュノーケリングスポットがあります。


関連記事

おすすめ体験ツアープラン

モルダイブ(MalDive)

当日予約OK!青の洞窟シュノーケル【沖縄・真栄田岬】GoPro写真撮影&餌付け無料Englishガイド可能!

モルダイブ(MalDive)
青の洞窟・恩納村
3,2401,000円~(税込)
割引キャンペーン実施中!
  • 4.8
  • (842件の口コミ・体験談)

ーコロナ感染対策ー# 使用器材のアルコール・次亜塩酸での除菌. # 3密を避けた広々とした屋外施設で間隔を保つ.ーGO TO 地域共通クーポン取扱店!ー沖縄のNo.1シュノーケリングスポット!「青の洞窟」で楽

レビュー・口コミ体験談紹介

とても思い出になりました
軽石の影響で青の洞窟が閉鎖になっており残念でしたが代わりの魚の沢山いるスポットで楽しめました。 餌やりもできるし綺麗なゴープロの映像も満足です。ありがとうございました。
5.0 ★★★★★ 体験日 2021年●月

石垣島

石垣島には、「一生に一度は行きたい絶景スポット」としても知られる「幻の島(浜島)」をはじめ、「青の洞窟」や「川平湾」、「米原ビーチ」などウミガメやマンタなどと出会える可能性もあるシュノーケリングスポットが点在します。


関連記事

おすすめ体験ツアープラン

石垣島  ADVENTURE PiPi(ピピ)

【石垣島/半日】人気No.1!ウミガメに会えるかも!青の洞窟シュノーケリング&洞窟探検ツアー【写真データ/シャワー無料】

石垣島 ADVENTURE PiPi(ピピ)
石垣島
13,5006,900円~(税込)
割引キャンペーン実施中!
  • 4.8
  • (504件の口コミ・体験談)

石垣島北部に位置する人気スポット「青の洞窟」探検&シュノーケリングプランです。その名の通り洞窟内部の水は透き通った青色で、条件を満たせば青空や太陽光を反射しさらに青く輝きます。周辺のシュノーケリングスポットには、沢山の魚やサンゴ、ウミガメが棲息しており、運が良ければウミガメの姿をみることができます!

レビュー・口コミ体験談紹介

無題
担当の方が親切でとても話しやすく色々な情報を提供してくれました!またとてもスムーズで、すぐに海に入ることができました!私は今までシュノーケリングをやったことがなく、分からないことばかりでしたが、一から丁寧に教えて頂けるので簡単に泳ぐことができました!海はとても綺麗でサンゴや沢山の魚がいたのでとても感動しました!
5.0 ★★★★★ 体験日 2022年3月

宮古島

宮古島近海は、「東洋一美しい海」と称されるエメラルドグリーンに輝くの海が魅力。周辺にはクマノミやウミガメなどと一緒に泳げるポイントや日本一の珊瑚礁群が見られる八重干瀬(やびじ)などおすすめポイントが多数点在します。


関連記事

おすすめ体験ツアープラン

宮古島シュノーケル専門店 海umi

【宮古島】当日予約OK!☆遭遇率100%☆ウミガメとニモとシュノーケリング@写真・バスタオル付!

宮古島シュノーケル専門店 海umi
宮古島(伊良部島・下地島・来間島・池間島)
7,000円~(税込)
  • 4.9
  • (169件の口コミ・体験談)

こだわりの写真撮影付き! ニモちゃんにも会えますよ。長袖ラッシュガード、トレンカも無料貸出あり、水着が無くても対応できます。ウミガメと泳ぐシュノーケリング専門店だからこそ出来ている遭遇率100%の継続、プロのウミガメガイドが撮影する撮影技術、ツアー終了後は店舗集合型だからこそ可能な温水シャワー・シャ

レビュー・口コミ体験談紹介

間違いなく大満足なツアーです
本当にウミガメ遭遇率100%でした。 プロに写真まで撮ってもらえて最高の思い出になりました。 ぜひオススメです。
5.0 ★★★★★ 体験日 2022年3月

西表島

西表島には、ビーチに星の形をした砂がある「星砂の浜」や奇跡の島との異名を持つ「バラス島」など数々の絶景シュノーケリングスポットがあります。西表島観光の代名詞であるマングローブカヌーと合わせて楽しむのがおすすめの方法です。


関連記事

おすすめ体験ツアープラン

西表島 ADVENTURE PiPi(ピピ)

【西表島/半日】サンゴの欠片でできた「奇跡の島」でウミガメと!バラス島ボートシュノーケリング【写真データ無料】

西表島 ADVENTURE PiPi(ピピ)
西表島・その他八重山列島(由布島・バラス島)
8,9007,900円~(税込)
割引キャンペーン実施中!
  • 4.7
  • (58件の口コミ・体験談)

【バラス島シュノーケリング】干潮の時にしか姿を現さない珊瑚でできた奇跡の島『バラス島』。このバラス島周辺でシュノーケルを楽しめるコースです。透明度が高く珊瑚が広がる光景は離島ならではの光景です。運がよければウミガメが見れるかも!【PiPiのアピールポイント】・写真データ無料プレゼント!ツアー中はガイ

レビュー・口コミ体験談紹介

無題
ゆりさんとともさんに案内していただけました。どちらも気さくな方で、良いシュノーケリングスポットを案内していただけました!間近で泳ぐウミガメや、綺麗なサンゴなどが見れて大満足です!
5.0 ★★★★★ 体験日 2021年8月

関東のおすすめシュノーケリングスポット

関東地方には、透明度の高い海にさまざまな海洋生物が息づく「伊豆大島」やボニンブルーの海と呼ばれる海を持つ「小笠原諸島」などの離島、「千葉近海」に人気シュノーケリングスポットが点在します。

おすすめ体験ツアープラン

伊豆大島ミスタードルフィンダイビングサービス

【東京・伊豆大島】シュノーケリング♪

伊豆大島ミスタードルフィンダイビングサービス
伊豆諸島(伊豆大島・八丈島)
6,000円~(税込)
  • 4.5
  • (4件の口コミ・体験談)

元町港から車で10分、岡田港から車で10分の元町地区にひっそりと佇んでいる店舗です。レンタカーなどの移動手段のない方は送迎いたしますのでお気軽にお問い合わせください。(元町〜岡田地区に限ります)~当日の流れ~①集合/受付(5分)②着替え(30分)③車でポイントへ移動(10分)④シュノーケリング(50

レビュー・口コミ体験談紹介

優しいスタッフさん
シュノーケリングの体験をさせて頂きました。港まで送迎に来ていただいて、シュノーケリングのレクチャーも丁寧にして頂きました。また、忘れ物をしてしまったのですが、本土に配送までしていただきました。とても優しいスタッフさんでした。また利用させていただきます。
5.0 ★★★★★ 体験日 2021年9月

東海のおすすめシュノーケリングスポット

東海地方には、人気温泉旅行地としてだけではなくマリンスポーツが盛んな地域としても有名な「伊豆半島」に多くの絶景シュノーケリングスポットがあります。中でも南伊豆の秘境「ヒリゾ浜」が有名です。


関連記事

おすすめ体験ツアープラン

AIRE 下田&ヒリゾ浜シュノーケリング

【南伊豆・ヒリゾ浜】 船で行くシュノーケル1日ツアー(昼食付)

AIRE 下田&ヒリゾ浜シュノーケリング
下田・白浜
12,500円~(税込)
  • 4.8
  • (26件の口コミ・体験談)

南伊豆ヒリゾ浜!伊豆半島の先端にある船でしか行けないシュノーケルポイントです。小学1年生から大人の方まで楽しめるシュノーケル(昼食付)、インストラクター同行なので安心して楽しんでいただけます。最後の秘境と言われる期間限定9月末までオープン、魚影の濃さ、透明度は驚きです。。*8時 下田市・南伊豆町・下

レビュー・口コミ体験談紹介

来年もリピーター決定でーす!よろしくね。
3日間お世話になりました。天気の具合が悪いからと2日目に恵比須島を紹介して頂き、また違うひろーーい金魚鉢みたいな浅瀬の浜も楽しくて近くで魚や大きなヤドカリとたわむれました。 毎回!ヒリゾ浜レッスンの時には気にかけて助けに来ていただき感謝です。3日目は波が高かったのですが洗濯機の中にいる見たーい!!と、波に任せて楽しみました。 南伊豆を回りながらの送迎中はキレイな海の景色の時にはゆっくりと走ってくれてましたね。スタッフ皆が優しいチームでした。ありがとうございました。
5.0 ★★★★★ 体験日 2021年8月

関西のおすすめシュノーケリングスポット

関西地方では、本州最南端の町としても知られる和歌山県「串本町」や兵庫県豊岡市にある「青の洞窟」などがシュノーケリングまたはスキューバダイビングの名所として知られています。

おすすめ体験ツアープラン

カシマカンコー

【兵庫・日本海/青の洞窟】シュノーケリング&クルージングツアー!泳げない方やお子様もOK!

カシマカンコー
城崎・山陰海岸
8,800円~(税込)
  • 4.8
  • (9件の口コミ・体験談)

陸路では行けない秘境「青の洞窟」を探検するシュノーケリングツアー。まずはダイビングボートに乗って、山陰海岸ジオパークを眺めながら快適クルージング!ポイントに着いたらインストラクターと一緒に海の中へ。洞窟の中に入るとそこは見たこともないような神秘的な青い世界!色とりどりの魚や生き物も出迎えてくれますよ

レビュー・口コミ体験談紹介

綺麗でした
関西にこんな綺麗な場所があるなんて驚きました。夏の楽しい思い出になりましたー。
5.0 ★★★★★ 体験日 2021年7月

九州のおすすめシュノーケリングスポット

九州地方では、「奄美大島」や「与論島(百合ヶ浜)」に代表される離島エリアなどで国内で屈指の絶景シュノーケリングを楽しむことができます。ウミガメなどの生物と一緒にシュノーケリングを大満喫しましょう。

おすすめ体験ツアープラン

奄美ネイチャーガイド

【鹿児島・奄美大島】【世界自然遺産・奄美で一番美しい土盛海岸!青の洞窟シュノーケリングツアー】Gopro動画撮影・大好評!

奄美ネイチャーガイド
奄美大島諸島・沖永良部島
7,000円~(税込)
  • 4.7
  • (12件の口コミ・体験談)

☆世界自然遺産・奄美大島で今年最高の思い出を!奄美ネイチャーガイドでを御家族・仲間・恋人と今年最高の思い出作りましょう!!☆シュノーケル初めての方は先に当社<ウミガメと泳ぐシュノーケリング>参加をおすすめします。☆世界自然遺産・奄美大島で一番美しい<土盛海岸>は天国のようなビーチです!白砂のロングビ

レビュー・口コミ体験談紹介

シュノーケリングするなら土盛海岸!
奄美大島で一番綺麗なビーチ、土盛海岸でのシュノーケリング! 11月に行ったこともあり、土盛海岸はプライベートビーチ! 天気も快晴で海の透明度もすごく、海に入るとすぐに魚がいました。シュノーケリングの経験がほとんどなかったが、丁寧に教えていただき最高の思い出になりました。 今回は青の洞窟のシュノーケリングだけのツアーでしたが、また奄美に来る時はウミガメのツアーやナイトツアーにも奄美ネイチャーガイドさんにお願いしたいと思います。 最高の思い出になりました。ありがとうございました。
5.0 ★★★★★ 体験日 2019年11月


関連記事

シュノーケリングのよくある質問

Qシュノーケリングは泳げなくてもできますか?

A シュノーケリングは、顔を水につけて遊泳を楽しむマリンスポーツです。ゴーグルを装着し呼吸用のマスクを水面から出すことで、長時間快適な海中観察が可能となります。フローティングベストなど浮力のあるライフジャケットを着用するので、水に顔がつけられさえすれば、プカプカと浮いているだけでもシュノーケリングを楽しむことができます。

Qシュノーケリングは何歳からできますか?

A 参加するプランやツアー実施場所の難易度によって、参加可能な年齢は異なります。年齢制限を設けているツアーもありますが、乳幼児でも参加できるキッズ向けツアーを実施しているショップも少なくありません。シニア世代含め小さい子供連れの家族も気軽に体験できるのが、シュノーケリングツアーが人気となっている理由のひとつです。

Qコンタクトを着用したままでも大丈夫ですか?

A メガネをかけたりコンタクトレンズを装着したままでも、シュノーケリングを楽しむことができます。普段メガネを使用している人には、度付きのマスクやゴーグルがおすすめです。コンタクトレンズについては、紛失や破損の可能性を考慮し、高価なハードレンズではなく使い捨てのソフトコンタクトレンズを使用するとよいでしょう。

Qシュノーケリングをする際の季節ごとの服装を教えて下さい。

A 季節を問わず、水着・ラッシュガード(レギンス)は用意しましょう。水温が高い夏であれば、その上に直接ライフジャケットなどを着用します。秋~春、水温が低い季節には、水着などの上に保温用のウェットスーツを着ることも。ウェットスーツレンタルの有無などはショップによっても異なるため、予約の際に確認しておくと良いでしょう。

編集部おすすめ特集記事

沖縄シュノーケリングのおすすめスポット・体験ツアー人気ランキングの画像
沖縄シュノーケリングのおすすめスポット・体験ツアー人気ランキング
2022/06/27 更新
沖縄のシュノーケリング(スノーケリング)体験ツアーを大特集!初心者や子供から参加できる体験ツアーの予約人気ランキングと合わせて、体験料金(価格)や開催時期・シーズンなど予約に役立つ情報をご紹介。恩納村・青の洞窟、ウミガメツアー、絶景ビーチ、穴場など、沖縄シュノーケリングおすすめスポットで開催される体験ツアーをチェックしていきましょう。
沖縄宮古島シュノーケリング
【2022年最新】沖縄・青の洞窟×シュノーケリングツアー 初心者向け ランキングの画像
【2022年最新】沖縄・青の洞窟×シュノーケリングツアー 初心者向け ランキング
2022/02/10 更新
沖縄「青の洞窟」で体験できるおすすめのシュノーケリングツアーを特集。人気・格安のプラン・ランキングもご紹介するので、お得な情報をお見逃しなく!場所やアクセス、シュノーケリングスポットや体験するのにおすすめの時間帯もお伝えします。
沖縄青の洞窟・恩納村シュノーケリング
【石垣島・シュノーケリング】最新版人気スポット完全網羅!体験ツアープラン予約ランキングTOP30&おすすめショップ情報の画像
【石垣島・シュノーケリング】最新版人気スポット完全網羅!体験ツアープラン予約ランキングTOP30&おすすめショップ情報
2021/07/19 更新
沖縄離島・石垣島旅行滞在中に楽しむ大定番マリンレジャー「シュノーケリング(シュノーケル)」の体験ツアーを大特集。「マンタシュノーケル」や「ウミガメシュノーケル」をはじめ、「青の洞窟シュノーケル」や無人島「幻の島(浜島)上陸ツアー」などの「体験ツアープラン人気ランキング」やレビュー・口コミ体験談にて評判の良い「おすすめショップ」のご紹介を中心にプラン選びの比較検討に役立つ最新情報をご案内します。
沖縄石垣島シュノーケリング
宮古島シュノーケリング(シュノーケル)体験 ツアー おすすめ 人気 プラン情報の画像
宮古島シュノーケリング(シュノーケル)体験 ツアー おすすめ 人気 プラン情報
2021/07/14 更新
沖縄・宮古島のシュノーケリング体験ツアーを大特集!子供から参加できるプランやレンタル機材無料のプランなどミヤコブルーの海を満喫できるツアーを人気ランキング形式でご紹介します!おすすめショップ情報と合わせてプラン選びの比較検討にお役立てください!
沖縄宮古島シュノーケリング
【南伊豆の秘境・ヒリゾ浜】2022年最新ダイビング&シュノーケリング体験ツアー情報!料金・アクセス・混雑予想・宿泊プランetc...の画像
【南伊豆の秘境・ヒリゾ浜】2022年最新ダイビング&シュノーケリング体験ツアー情報!料金・アクセス・混雑予想・宿泊プランetc...
2022/05/09 更新
静岡県南伊豆の「ヒリゾ浜の2022年最新情報」を徹底紹介。渡し船チケット付きシュノーケリング、体験ダイビング(初心者向け)ツアープランの紹介を中心に、アクセス方法や海開きの時期など絶景スポットヒリゾ浜の楽しみ方にとその魅力に迫ります。
東海静岡下田・白浜シュノーケリングマリンスポーツ・レジャー
アクティビティ・体験から探す
読み込み中