沖縄のグラスボート体験 24 / 人気順

沖縄旅行といえば、マリンスポーツ体験やリゾートホテル滞在に加え、グラスボードも人気です。船底がガラスになっていて、水中や海底の観察ができるボートグラスボードは、小さい子供の思い出作りに最適。利用の際には濡れることも予想して服装の準備をされると良いでしょう。沖縄本島の中部では残波ビーチや恩納村など船底から、きれいな色とりどりの天然の熱帯魚やサンゴ礁といった豊かな自然の景色を観察できます。那覇市内から車で約40分の新原は、本島の自然リゾート体験では特にアクセス面で場所が良く、営業時間内は随時受付で出航しています。伊良部島は年中無休で、海のバラと呼ばれる綺麗な風景や海の生き物を間近でみることができ、ダイビングやシュノーケリングでも人気のスポットです。各地でいろんなプログラムが開催されていますが、天候により運航されない臨時休業の日もあります。少し天気が悪い場合は随時確認されることをおすすめします。餌付きショーのジンベエザメを船底から見ることができるエリアや、セーリングに参加できるプランもあります。沖縄本島の名護市周辺では「ブセナ海中公園」があり、海中展望塔では海の上からも水族館体験が楽しめます。料金は4歳~中学生が500円ちょっとと手軽で、クジラ型のグラスボードとのセットや団体割引も適用されますのでお見逃しなく。11月~3月、4月~10月では若干スケジュールが異なりますので、事前に公式のホームページでご確認ください。

PR

少々お待ちください。