オンラインツアー体験記:沖縄・西表島の「カマイ肉(琉球猪肉) 」とは?!

オンラインツアー体験記:沖縄・西表島の「カマイ肉(琉球猪肉)
更新日:
アクティビティジャパン編集部

自宅に居ながらにして、全国各地の名産品を食せる「お取り寄せグルメ」が流行しています。
スイーツ、ご飯のお供、旬の野菜など、その種類は多岐に渡ります。
しかし最近では、ただ取り寄せて食べるだけでは、少し味気ないような気もしていました。

今回、アクティビティジャパン編集部Yは「お取り寄せした食材について、特徴や食べ方などを現地の方に解説いただく」という、お取り寄せとオンラインツアー体験のハイブリッドとも言えるプランに参加してみました。

そもそも、沖縄西表島の「カマイ肉(琉球猪肉)」とは一体・・・?
お取り寄せ上級者の方にもきっと楽しんでいただける、お得なオンラインツアー体験のレポートです!

関連記事

オンラインツアー体験・提供ショップ「長澤肉店」とは

オンラインツアー体験・提供ショップ「長澤肉店」とは

今回のオンライン体験ツアーは、レジャーやそとあそびのオンライン体験ツアーとは、少々趣が異なります。

このオンラインツアー体験を提供しているのは、沖縄・西表島の「長澤肉店」食肉処理の営業許可も取得している、新鮮な琉球猪肉を扱うショップです。

カマイ肉(琉球猪肉)は、販売ルートが少なく、西表島でなければまず食すことができない、言わば「幻の食材」。現在、アクティビティジャパンで取り扱っているカマイ肉(琉球猪肉)のオンラインツアー体験であれば、それを自宅で味うことが可能!

贅沢かつ、とても珍しいオンライン体験ツアーです!

「カマイ肉(琉球猪肉)」とは?

「カマイ肉(琉球猪肉)」ってとは?

「カマイ肉(琉球猪肉)」の特徴

「カマイ」とは「猪(いのしし)」のこと西表島の方言だそうです。琉球猪とも呼ばれ、大きな個体でも50kgほどのサイズにしかならず、一般的な猪に比べると小さめとのこと。
本州にいる猪とは種類も異なりサイズも小さいため、希少価値が高い肉とも言えます。

また、琉球諸島の中でも西表産のカマイ肉(琉球猪肉)は、特に美味だとされています。

西表島とカマイ

西表島では古来より、貴重なタンパク源としてカマイ肉(琉球猪肉)を食してきました。数万年前の遺跡から猪の骨が出土していることからも、その歴史を知ることができます。

また、西表島において、狩猟は「伝統」でもあり「日常」だそうです。
手付かずの自然が多い西表島で暮らす人々の暮らしには、自然の恵みに感謝をしながら、余すところなくその「命」をいただく、という文化が根付いているのかもしれません。

オンライン体験ツアーが始まります

カマイ肉(琉球猪肉)オンライン体験ツアーが始まります1

時間になりました。
オンラインでカマイ肉(琉球猪肉)について解説をいただく、沖縄・西表島にある長澤肉店さんです。

西表島ではメジャーであるカマイ肉(琉球猪肉)の美味しさを紹介すると同時に、カマイ(猪)猟が島の伝統であることや、カマイ肉(琉球猪肉)を通じて西表島の自然環境保護についても知ってもらいたい!という気持ちから、通常の通信販売ではなくオンライン体験ツアーの形を取っておられるのだそう。

熱い思いとは裏腹に、語り口がとても柔らかい長澤さん。
こちらの質問にも、気軽に答えて下さいます

カマイ肉(琉球猪肉)オンライン体験ツアーが始まります2

11月中旬~翌年2月の狩猟期間中、西表島の猪の主食となる木の実(どんぐり)を見せて下さいました。
その大きさは、まるで栗のよう!
良質なエサを食べることにより、猪が美味しくなるのだそうです。

西表島には「漁師」ならぬ「猟師」も多く、長澤さんもそのおひとりとのこと。
自作の「ワナ」も、画面越しに紹介していただきました。

そういえば「食材についての詳しい説明を生産者さんから直接伺う」という体験は、過去にほとんどしたことが無いかも・・・。
気が付くと、長澤さんのお話をかなり前のめりで聞いている編集部Yです。

カマイ肉(琉球猪肉)オンライン体験ツアーが始まります3

ツアーの最後、長澤さんのお話が胸に刺さります。

「西表島に暮らしていると、今までに経験したことの無いような巨大台風の発生など、ここ数年間での急激な気候変動をつぶさに感じます。
食肉目的の畜産は、環境に大きな負荷をかけていると言われています。カマイ肉(琉球猪肉)を始めとするジビエを、乱獲せず食生活に取り入れていくことで、美味しく楽しく環境問題に貢献できるのではないでしょうか。」

お肉が届きました

カマイ肉(琉球猪肉)オンライン体験ツアー

後日、パックに入った冷凍のカマイ肉(琉球猪肉)が届きました!
見た目は・・・豚肉に近いような気がします。

通常はオンラインツアー体験後の発送となりますが、狩猟期間や捕獲量に限りがあるカマイ肉(琉球猪肉)は、すぐに用意できない場合もあるそうです。
到着するまでに時間がかかる可能性もあるので、申し込み時におおよその配送の目安を確認されることをおすすめします。

カマイ肉(琉球猪肉)オンライン体験ツアー

オンラインツアー体験時、長澤さんにいただいたアドバイス通り、火を入れ過ぎないように注意しながら調理し、ぼたん鍋と焼肉で食べてみました。

お味の方は・・・品があり、それでいて野性味あふれる感じが印象的!!
ジビエにありがちな臭みも少なく、シンプルな味付でパクパクと食べ進んでしまいました!

カマイ肉(琉球猪肉)のオンライン体験ツアーに参加した感想

カマイ肉(琉球猪肉)のオンライン体験ツアーに参加した感想

食材について、美味しい食べ方から生産の背景まで、生産者の方にお話を伺えるというのは、本当に貴重な体験だと感じました。

ただ取り寄せて食すだけではなく、ツアーの主催者である長澤さんの自然保護に対する真摯なお気持ちを感じ、同時に環境問題やSDGs(持続可能な開発目標)も意識させてくれるものでした。

未来を考える上で、子供や学生さんにもおすすめできるツアーです!

単なるお取り寄せでは絶対に味わえない「プラスアルファな体験」が付いている、お得度も満足度も高い、文字通り「美味しい」体験ツアーに、ぜひ参加されてみてください!

長澤肉店

【オンライン体験】世界遺産・西表島の大自然が育んだ幻の食材カマイ(琉球猪)肉250gを後日直送。カマイ猟と食材の特徴についてご紹介いたします

長澤肉店
西表島・その他八重山列島(由布島・バラス島)
10,000円~(税込)
  • 5.0
  • (1件の口コミ・体験談)

カマイとはリュウキュウイノシシの西表島の方言名、昔から島民の重要なタンパク源。島の9割が熱帯雨林の原生林に覆われ、その森に無数に生えるオキナワウラジロガシのドングリをはじめ森の木の実を主食に育ったカマイは臭みはなく噛めば噛むほど濃厚な味が滲み出てきます。豚や二ホンイノシシと混血していない西表島のリュ

長澤肉店

  • 4.5
  • (3件の口コミ)
  • 沖縄
  • 沖縄(離島)
  • 西表島 ・由布島・バラス島・鳩間島
  • 国内オンライン体験ツアー

長澤肉店では、頂いた命を美味しく無駄なく食べられるように、当店のカマイは止めさし後、2時間以内に処理施設に搬入、速やかに毛焼き·洗浄·中抜きして大量の氷で急速冷却して肉の劣化を防ぎます。 労力のいる作業ですがせっかくの最高の食材ですから、最高の状態で食べていただけるよう手を抜かずに取り組んでおります!

営業時間09:00~18:00
定休日不定休
アクティビティ・体験から探す
読み込み中