神奈川のスタンドアップパドルボード(SUP)体験 91 / 人気順

ここ数年、サーフィンやシーカヤック、スノーケリングを抑え、世界中で人気を集めているマリンスポーツ「SUP(Stand Up Paddle)」(SUPとは安定性のある、大きいボードのこと。)を体験できるおすすめプランを探すために、国内最大級のアクティビティ比較・予約サイト「アソビュー」で掲載している様々なプラン情報を分析し、料金(税込)の相場感や対象年齢の範囲をスクール別にご紹介します。ぜひレジャーの参考にしてください。一般的にSUPは全年齢対象ですが、プランによって参加できる年齢は異なります。なお、全てのコースで海上での基本的なルールやマナー、危険回避の方法についても学ぶ必要があります。初心者専用に開発された十分な浮力と強度を兼ね備えた特別なボードを使うので、どなたでもすぐにボードに立って、こぐことが可能です。サーフボードより少し大きめタイプのボードにオールを使用しますので、ロングボードでは乗れないような波にも乗ることができ、また、波がなくてもカヌー感覚で水面をクルージングすることもできます。所要時間の目安は2時間程度です。誰もが楽しめる手軽さと、バランス感覚を鍛え、シェイプアップ効果もあることから、女性のフィットネス目的としてもおすすめです!また、パドリング技術を磨き、ステップターンやボードコントロール、漕力をレベルアップし、ツーリングやサーフィン、レースなどに対応した、SUPの楽しみ方を充実させるスキルアップクラス(所要時間は半日程度)もあります。ボードはレンタルできるプランもありますが、初心者で、まずは色々な場所で遊んでみたいということであれば、持ち運びや保管にも便利なインフレータブルのボードを購入すれば間違いありません。ボードは大きさによって安定感が全く違います。初心者であれば、長さ10ft(約3m)以上、幅32inch(約81cm)以上、インフレータブルのボードなら厚さは5inch(約13cm)前後あれば安心です。インフレータブルであることで空気を抜けば省スペースになります。デメリットとしては、通常の発砲ウレタンボードより重量と厚みが増すことくらいです。アルミ素材のボードは軽量ですが、価格がはります。