体験を探す

心泉会館シンセンカイカン

エリア
石川 / 金沢・羽咋

心泉会館の特徴

書家・北方心泉(しんせん)とは浄土真宗大谷派の僧侶で法句寺を建立した明治時代を代表する書家の一人です。本名は「蒙」ですが、「心泉」又は「月荘」「小雨」「雲迸」「文字禅室主人」「聴松閣主人」などを用いました。 東本願寺の布教師として中国上海に渡り、当時流行していた北派書風に一早く学び日本に紹介したことは有名です。又、中国古来から存在する金属器・石刻に刻まれた文や絵を研究する学問「金石学」に関心を持ち、後に書に影響しました。書風は篆隷の書を行書や草書のように自由に書くという意味を込め「篆草合体の自由奔放」と称され確立。このことで心泉は、この時代の書家の中でも一頭地を抜いた存在になったのです。

心泉会館 のギャラリー

基本情報

住所MAP
〒9200932
石川県金沢市小将町7-10
営業時間 9:00~18:00
定休日 不定休
クレジットカード 利用不可
ホームページ http://shinsen-art.com/