シュノーケリングで瀬戸内の大海原を楽しもう!

シュノーケリングで瀬戸内の大海原を楽しもう!

瀬戸内海でもシュノーケリングってできるの?

温暖な瀬戸内海では、全身で体験できるレジャースポットがたくさんあります。高知県の土佐湾沿岸は世界最大規模の暖流の黒潮が流れているので餌が豊富で、多くのクジラも回遊しています。それを眺める「ホエールウォッチング」ができます。また、岡山県の海岸では底引き網体験もでき、たくさんの魚を獲る体験もできます。 そして、徳島県ではシーカヤックで海の上を滑るようにお散歩ができ、海風を切って進む感覚はとても気持ちがいいものです。また、インストラクター付き添いのもとでシュノーケリングもできちゃうんです!シュノーケリングというと沖縄や伊豆というイメージがありますが、この瀬戸内でもできるんです。

瀬戸内海で人気のシュノーケリングスポットとは

大小合わせておよそ3,000もの島々から成り立っている瀬戸内海には、熱帯魚や美しいサンゴも住んでいます。そこではシュノーケリングを楽しむこともできます。 瀬戸内で人気のスポットは四国地方に多くあります。シーカヤックを楽しみながら、それと一緒にシュノーケリングも楽しめるところを探すなら徳島県の海中公園が人気です。また、多くの熱帯魚やサンゴ礁を楽しみたいなら、透明度の高い高知県の南西部周辺が人気となっています。 この周辺は、温暖な気候で黒潮も流れているのでサンゴや熱帯魚も生息しているんです。本州で見られるのは意外ですね。

人気シュノーケリングスポットでオススメのポイントは?

徳島県でシーカヤックとシュノーケリングが一度に楽しめるポイントは、「竹ヶ島海中公園」です。ここは「南海の宝石」と呼ばれていて、カラフルなサンゴや熱帯魚がたくさん生息しています。きれいな海でひとしきり風を切ったあとは、海の中を覗いて熱帯魚たちと戯れるのもサイコーです。 また、多くのサンゴや熱帯魚とその魚影を楽しみいたいなら高知県がオススメで、特に柏島・樫西・爪白あたりがポイントです。柏島は有名ポイントで魚の種類が豊富です。樫西は海水浴場ですが、砂浜ではなく小島が点在するため波は穏やかです。爪白はキャンプ場の近くで透明度はまずまずです。波はありますが魚影は良好です。 近場でも十分楽しめる所はあるんです!