志田焼の里博物館

シダヤキノサトハクブツカン
エリア佐賀嬉野・武雄

取り扱いプラン一覧

事業者の特徴

佐賀県嬉野市にある「志田焼の里博物館」では、陶芸やランプシェードの製作体験を楽しめます。かつて志田焼が生産されていた工場を保存した貴重な日本遺産で、焼き物の工程や歴史について学びながら、素敵な記念を残しませんか?

貴重な日本遺産が博物館に

1700年頃に佐賀県志田地区で生産が始まった志田焼。幕末には、5つの登り窯で皿を中心に陶器や磁器が大量生産されるようになり、明治には海外向けの製品も作られるようになりました。「志田焼の里博物館」は、大正から昭和にかけて、志田焼の生産に中心的な役割を果たしてきた大規模な工場が、そのまま博物館として保存されたもの。4月に新たに文部省から「日本遺産」の認定を受けました。

歴史的建物でものづくり体験

博物館はすべて木造建築。大正3年から70年以上もの間使われていた当時の面影を随所にとどめており、懐かしい雰囲気の中で、昔に思いをはせながらゆっくりと製作体験ができます。電動ろくろを使った陶芸体験とランプシェード作りができますので、近くまで訪れた際には、ぜひ気軽にお立ち寄りください。

志田焼の里博物館のギャラリー

基本情報

住所/MAP
〒849-1402
佐賀県嬉野市塩田町久間乙3073 GoogleMapでみる
アクセス 電車:嬉野ICから約20分、雄北方ICから約10分 、 有明佐賀空港から約55分
車:JR武雄温泉駅から祐徳バス「祐徳神社」・「鹿島(中川)」行き、またはJR肥前鹿島駅から祐徳バス「武雄温泉駅(甘久)」行き、西山バス停下車徒歩2分
営業時間 9:00~17:00
定休日 水曜
クレジットカード 利用不可
ホームページ