関西のサップ(SUP)・スタンドアップパドルボード体験 64 / 人気順

スタンドアップバドル((Stand up paddle surfingからSUPともいう)とは、サーフィンボードに似た大きいロングボードの上で自分でバランスを取りながら立ち、オールを使って水を漕ぐマリンスポーツです。マウイ島などの海外リゾート地に行かなくても、沖縄をはじめ全国各地の海岸で体験スクールなどが開催されています。通常、スタンドアップバドルで使うボードの本体の重量は12㎏~17kgほどで、強度や安定性に優れています(保管は直射日光が当たらない場所で)。クルージング向けやレース向けなどの種類があるようです。体験コースでは、11歳以上の子供から年配の方まで、出発前にスタッフよりレクチャーを受けるだけで、泳ぎが苦手な人や初心者の方でも少しの練習で楽しむことが可能な点がおすすめポイントです。スタンドアップバドル向けのボードを使用して、不安定な状態のボード上でバランスを取りつつ釣りを楽しむSUPフィッシングも最近は注目を浴びているようですね。

PR

少々お待ちください。