体験を探す

沖縄のシーサー作り体験 5件(人気順)

シーサーは、沖縄県に伝わる琉球地方の守り神ともいえる有名な伝説の魔物です。シーサー誕生の歴史は、狛犬やエジプトのスフィンクス、中国の石獅子と同様に古代オリエント時代の動物であるライオンがその原型であり、名前のシーサーも獅子が由来ではないかと伝えられていています。シーサーは悪霊や災難を追い払う魔除けの意味を持ち、基本的に首里城の門の入り口や周辺村落の民家の屋根や玄関などに設置されています。仏教の影響も受けているのか、2対セットで狛犬のように、それぞれ阿吽の発音の形に口を開けています。口を開けている方が向かって右でメス。口を閉じた方は向かって左でオスだそうです。そんな沖縄の伝統文化ともいえるシーサーの民芸品を工房で作る体験ができるプランが、沖縄本島の那覇市や名護市や美ら海水族館の近くの工房にあります。手頃な料金で参加できるシーサー作りは家族連れやカップルの旅行の思い出作りとしても最適な遊びです。漆喰や赤瓦などを使い本格的に時間をかけて仕上げるものや陶器制のシーサー、素焼きのシーサーの色塗りだけを楽しみ短時間で簡単に作れるシーサーなど、時間や予算に合わせて好みのシーサーが作れます。観光ついでに、沖縄住民たちから愛されているシーサーを自らの手で作る体験レジャープランに参加予約してみてください。

レビュー

沖縄ドリンクを頂き、楽しく作成できました! 外観もオシャレで素敵でした!

もっと見る