体験を探す

近畿(関西)のカイトサーフィン体験 3件(人気順)

カイトサーフィンにチャレンジして、自然の風の力で水上を自由自在にスピードを出して滑走する爽快感を味わってみませんか!カイトサーフィン(KITE surfing)とは、カイトボードというスポーツの競技種目の一つで、専用のカイト(インフレータブルカイト)を使用して風を上手く利用し、ボードに乗った状態で水上を滑走したりジャンプしたりするマリンスポーツです。カイトサーフィンは、ウェイクボード、ウインドサーフィン、サーフィン、パラグライダーの要素を組み合わせた新感覚のニュースポーツで、ウェイクボードの技術であるアクロバット飛行などの動き方を目的とするカイトボードに対し、カイトサーフィンはサーフィンと同じように波乗りを目的とします。カイトはキャノピーと呼ばれるもので、キャノピーに接続した20~27mのラインを棒状のコントロールバーで操作しつつ足でボードを操作します。カイトは、自分より風下側で操作します。カイトは自分より風上に飛ぶことができないので、風上に走ったカイトは風下に戻ろうと自動でバランスをとり、風下にバックします。突風が発生したり、勢いよくカイトを振りすぎ、極端に風上にカイトが飛んでしまうとバランスを崩し墜落してしまいます。以前は難しいマリンスポーツとされてきましたが、近年になり道具が進化し、経験がなくても誰でも比較的簡単に楽しめるようになってきました。ウインドサーフィンに比べると腕力を使わないため、体力の消耗が少ないのも特徴です。女性にはカイトサーフィンの方が適しているといえます。 カイトサーフィンの装備と準備ですが、まずはウェットスーツに着替え、ヘルメット、ハーネスを装着します。風向きがオンショアだと、カイトサーフィンには絶好のコンディションです。サーフボードに立ちあがり、自分の真上にカイトを安定させなくてはならないのですが、海面に立つ前に十分に砂浜などの陸上で練習しますので、ご安心ください。ここでは、カイトサーフィンのレッスンまたはプライベートレッスンを受けることができる様々なスクール(日本カイトボード協会公認)をご紹介をします。基本的に全てのスクールでは、カイトサーフィンを安全に楽しんでいただくために、過去の事故や危険なケースを想定した危険回避の方法をレッスン内容に組み込んでおり、事故防止対応に努めていますのでご安心ください。カイトサーフィンは、決して難しいスポーツではありませんが、通常、なれるにはそれなりの時間と正しい知識、練習が必要不可欠です。必ず最寄りの専門ショップにて、経験豊富なプロのインストラクターの指導を受けましょう! 初めてライディングできたときの感動は忘れられません。最初は感覚を掴むのは難しいかもしれませんが、楽しみながらレベルアップしていくことができますよ。これからカイトサーフィンを初めようと考えてる方!是非、自分に一番合ったスクールをみつけてカイトサーフィンの世界を味わってください!楽しいですよ!スタッフ一同、心よりお待ちしております!

レビュー

もっと見る

前から気になっていたカイトサーフィンに初挑戦してきました。波待ちならぬ風待ちの間、カイトの構造や風の読み方を習った後、浜辺に出て練習用の小さいカイトを操作する練習(つまり凧揚げ)。その後、腰にハーネスをつけて先生と一緒に実際の大きなカイトを使って操作する練習。体験コースはここまでで、次回ステップアップコースから、まずカイトを自分で自由に操れるようになってから湖面上に出てカイトの操作練習、それが出来るようになってからやっと足にボードつけて練習できるみたいです。上達するには長い期間必要ですが、それも怪我や事故を起こさないため。奥が深いスポーツだなぁ&と思いました。浜辺では上手い人達が実際にカイトサーフィンしてるところも見れ、インバート系の技を決めてる人もいて、すごく格好良かった。72才の男性もいて、私なんかまだまだひよっ子ですね~。