さくらんぼ狩りでは南陽を狙おう

さくらんぼ狩りでは南陽を狙おう

さくらんぼの南陽をみかけたことがありますか

昔から春から秋にかけて人気のアクティビティといえば、フルーツ狩りです。イチゴ狩りや、ぶどう狩りなどは小さい時にいったことのある人も多いですね。そんな中やっぱりオススメしたいのはフルーツの多さまとも言えるさくらんぼ狩りです。さくらんぼ狩りは高級そうなイメージがあるのか、都会ではあまり行ったことがあるという人にあうことはありませんが、一度いったが最後毎年行ってみたくなるほどのオススメ収穫体験です。
その中でも秘密のオススメ品種「南陽」は有名なさくらんぼの産地山形県を中心に栽培される品種で、都会ではあまり見かけませんがさくらんぼ狩りで楽しめますので、現地まで行って味わってみるのがおすすめです。

美味しいさくらんぼの産地はどこだ

美味しいさくらんぼの産地はやはり山形県を中心とした地域です。佐藤錦や、ナポレオン、山形美人など様々な品種が栽培されている山形県で南陽も栽培され、時期になれば、さくらんぼ狩りに提供されています。この南陽の特徴は、酸味が少ないということです。酸味が少なければ食べ口がよく、パクパクとどんどん食べられますのでさくらんぼ狩りで狙うにはとても適した品種だといえます。
子どもやお年寄りなど、酸味の苦手な人たちにも人気があります。皮には弾けるような弾力があり、かむと「ピシッ」と音がするのではないかと思うほどみずみずしいのも特徴です。

さくらんぼのおいしい食べ方は、やっぱり・・・

品種による美味しさは色々ありますが、どのさくらんぼの品種でもその時一番美味しく提供できるものをと考えて農家の方々は一生懸命精魂込めてさくらんぼを作っています。一粒一粒丁寧に農家の方から言われた手順で木をいたわりながら大切にもいでください。オススメのおいしい食べ方は一気に口の中へいれて、種を口の中でよけて出し美味しい実の部分だけをよく噛んで味わうことです。
食べ放題だからと、噛まないで食べると美味しさが味わえません。噛むことで果肉からじゅわっと滲み出る美味しいエキスを残さず味わうのがさくらんぼ狩りの作法であり、おいしい食べ方だといえます。


アクティビティジャパンでは
全国様々なアクティビティの
予約・体験ができます