関西で漁業体験するならおめでたい鯛を釣る

関西で漁業体験するならおめでたい鯛を釣る

関西では鯛を釣ることができるところが多い

おめでたいとして正月に祝い鯛が飾られることがあります。焼くと色も赤くなり、白身と合わせて紅白です。こんな鯛ですが、漁業体験で釣ることができます。全国的に鯛を釣ることができますが、特に関西地方では漁場が多いとされています。特に兵庫県あたりは海流の影響からか漁場になることが多く、それも身の締まった鯛を釣ることができることが知られています。
関西での漁業体験で鯛を釣ろうとするなら瀬戸内海だけでなく日本海側、太平洋側でも行うことができます。一般的な釣りでは釣竿を使うタイプがありますが、漁業体験では手釣りと呼ばれる糸を手で持って釣る方法がとられます。

秋に旬になる鯛を釣ることができる漁業体験

めでたい魚として知られる鯛は関西地方では秋から冬にかけてが旬になります。夏の終わりから小型のものが徐々に釣れだしますが、秋も深まってくると徐々に大型のものも釣れるようになってきます。漁業体験で鯛を釣りたいと考えているなら秋に申し込みをします。一般的に漁は早朝に行くことが多いですが、鯛の場合は必ずしも夜や朝に行くわけではありません。
秋になってくると朝も少しずつ寒くなってきますし参加するのがつらくなりますが、昼間であれば暖かい気候の中で体験をすることができます。エサはビニールのようなものを使うことがあります。疑似餌のような役割をしてくれます。

鯛を釣って鯛尽くしを食べられるのがおすすめ

魚の中でも鯛はいろいろな料理で食べることができることで知られています。釣りたてを刺身にしたりしますし、焼いてもおいしく食べられます。漁業体験でのおすすめでは料理を食べられるコースです。釣った魚は港に帰ってきて地元の料亭などで料理をしてもらえます。大きな鯛を釣ることができればフルコースを食べられることもあります。
さらにおすすめなのは持ち帰りができるコースです。たくさん釣れば食べきれないこともあります。もったいないと感じることがありますが、希望すればそれらを宅配などで送ってもらえます。釣った魚の代わりに別の時期に送ってもらえるサービスもあります。


アクティビティジャパンでは
全国様々なアクティビティの
予約・体験ができます