東北の漁業体験で養殖の現場に行く

東北の漁業体験で養殖の現場に行く

東北では多くの魚介類の養殖がされている

植物は自然に生えますがそれだけで食料を賄うことはできないでしょう。栽培する必要があります。魚介類は広い海なのでたくさん取れる場合もありますが数が少ない種類もあります。東北では魚介類の養殖が盛んなところが多くあります。東北は港が多いことが知られていますが、同時に養殖もおこなっています。漁業体験では養殖の現場を経験できるプログラムが用意されています。
通常の漁業体験は自然にいる魚介類を取る作業ですが、養殖の場では養殖されているところに行って日々の作業を体験することができます。魚に餌をやったり、改装などが育つように整えたりする仕事を体験できます。

夏は東北地方なら涼しい環境で漁業体験

関東地方より南は夏になると非常に暑くなります。外に出るのもつらいと感じることが多いでしょう。でも関東地方よりも北になるとかなり気候が変わってきます。夏に漁業体験をするなら東北地方に行くとよいでしょう。多くの漁港や漁業組合、そのほか旅行会社などが企画をしてくれています。気温がそれほど高くならないだけでなく、海からの潮風も気持ちいい季節です。
漁業体験は作業になるので普通なら暑くて大変ですが、この地域であればそれほど苦労なくこなすことができます。夏は台風が来て予定が立てにくいことがありますが、南の地域に比べると台風が来ることも少ないので中止になりにくいです。

貝類の養殖の現場を体験するのがおすすめ

貝と言えばアサリやシジミなど小さいものを想像することがあります。大きい貝としてホタテが有名です。現在は養殖されることが多くなっていています。おすすめの漁業体験では貝類の養殖の場に行くプランです。ホタテ、カキ、ホヤなどの現場に行くことができます。たくさんの貝が海の中に付いている様子を見るとより養殖の仕事をしている気分になれます。
おすすめな点はそれ以外にもあります。養殖している貝をバーベキューなどで食べることができることです。貝以外にも鮭などの養殖をしているところもあり、それらを使った料理を食べることができます。ホヤなどは東北が名産なのであまり食べる機会はないでしょう。


アクティビティジャパンでは
全国様々なアクティビティの
予約・体験ができます