沖縄の農業体験で秋野菜の栽培方法を学ぶ

沖縄の農業体験で秋野菜の栽培方法を学ぶ

沖縄では農業体験が本土よりも早めに始まる

野菜にはそれぞれ旬があります。ハウス栽培が一般的になっているので必ずしも旬によらない野菜がスーパーなどでは並んでいますが、栄養分が豊富であったり味が良くなるのはそれぞれの旬の時期とされています。ですから旬を選ぶとよいといわれています。沖縄の農業体験では秋野菜の栽培に挑戦することができます。キャベツであったりレタス、かぶらなどは寒い時期に栽培されることが多い野菜です。
栽培方法を知らないとうまく育てることができなかったりします。沖縄で行うメリットは、本土よりも早めに作り方を学べることです。こちらで学んで本土に帰って本格的に行うことができます。

秋に農業体験をするとそれ以降の農作業に役立つ

農業を仕事としてしてみたい、生活の中で家庭菜園などを取り入れてみたいと考えている人がいます。農業体験に参加すると農業の基本から本格的な収穫方法までを学べる場合があります。沖縄県で秋に行われるコースがありますが、こちらのいいところはシーズンに入る前に学べることです。気温が高めになっているので夏のうちから準備をしておきます。
その作業に参加することで雰囲気を早めに味わうことができます。多くの人は今すぐ行いたいと考えている人たちです。あまり待ちたいとは考えていません。学んですぐ実践をするなら暖かいところで早めに行ってくれるところが良いでしょう。

おすすめは収穫などが早くなる季節

自然に成長するものにはそれなりに成長スピードがあります。薬などで成長を早めることもあるようですが必ずしもそれが良いとは限りません。野菜はかなり時間がかかります。農業体験をするときにあまり成長が遅いときはすべてに参加できないことがあります。おすすめなの早めに成長するタイプの野菜を早めに栽培できるところです。
沖縄は温かい気候なのでおすすめの場所と言えます。本土だと秋が深まってくると寒くなることがありますが、こちらの寒さはそれほど厳しくありません。その環境の中で学ぶことができます。収穫を早く行うことができれば、農業体験で作った作物を分けてもらうことができます。


アクティビティジャパンでは
全国様々なアクティビティの
予約・体験ができます