学生による農業体験について

学生による農業体験について

学生が農業体験ができる現場の探し方について

学生も大学三年生くらいになると、どんな仕事につくか、就職活動などがはじまります。その際に、将来自分がつく仕事として農業を視野にいれている場合、どうすれば実際に農業体験ができるでしょうか。学生が自分の足で農家に訪ねて行って、作業の手伝いなどを依頼しに行くのはなかなか敷居が高いですよね。おすすめの方法として、アルバイトをしながら農業体験をする方法があります。
インターネット上には、北海道から沖縄まで、広く日本全国の農業の仕事のアルバイトの求人情報を掲載しているサイトなどがあります。そういったサイトを利用して自分が興味のある仕事に申し込めば、体験への第一歩になります。

おすすめのインターネットでの探し方について

サイトには日本全国から様々な農作業の仕事が集まっていますが、いろいろとあると、どれを選べばよいか迷ってしまうかもしれません。その中からどうやって自分にあった仕事をみつければよいのでしょうか。インターネット上での仕事の探し方の注意点についてです。まずは、自分の住んでいる場所の近くに仕事がないか検索してみることです。
仕事はどんなものでも大変な面がありますから、移動などに時間をとられると効率が下がるし、移動で疲れれば自分のモチベーションにも影響がでてくるからです。その点、自分の住まいの近くであれば、安心して農業体験のアルバイトに集中できます。

自分にあった仕事を探す際の注意点とコツについて

次に注意点としておさえておくべき大切なことは、自分の興味のある分野を追求し、発見していくことです。農業体験と一口に言っても、例えば、どんな野菜を育てたいのかとか、暖かい場所がいいのか、涼しい場所がいいのかなど、自分の好みや興味によって、体験に適した場所や地域も様々な選択肢があるものです。そうやって自分の趣向を厳選していけば、将来農業を仕事として考える際の、自分の進むべき道の指針にもなります。
おすすめの仕事の方法としては、まずは負担の少ない近所で体験を一度してみて、慣れてきたら、遠くても自分の興味のある分野や地域での仕事に挑戦していくという方法です。


アクティビティジャパンでは
全国様々なアクティビティの
予約・体験ができます