関東でも人気の陶芸、陶磁器の魅力について

関東でも人気の陶芸、陶磁器の魅力について

日本人に古くから親しまれている陶磁器とは

陶磁器は、日本人にとって、古くから親しまれている存在といえます。毎日の生活の中で、特に意識しなくても、どこの家庭にもあり、それが陶磁器であることを知らないで使っている人もいるのかもしれません。陶磁器とは、陶器と磁器の両方を含めた言い方です。陶器と磁器とでは、まず原料が異なります。陶器は粘土を原料として作られますが、磁器は岩石が原料です。また、焼成温度も異なり、陶器よりも磁器の方が高温で焼く必要があります。関東にも陶芸教室は多数ありますが、陶芸教室などは、たいていの場合、粘土を原料とした陶器を作るところが一般的といえます。

関東で有名な陶磁器産地

関東で有名な陶磁器産地は、茨城県では笠間、栃木県では益子などが非常に有名で、日本国内からだけでなく、海外からもこの地を訪れる観光客は多いようです。笠間焼も、益子焼も、素朴な色合いと質感が味わい深く、普段使いにできる器も多いことから、多くの人々に親しまれています。笠間、益子のどちらの土地も、訪れると陶磁器の産地らしさが感じられる街並みになっているのも人気の理由といえるでしょう。たくさんのお店が並んでいるだけでなく、実際に陶芸を体験できる陶芸教室が開催されていることも多いので、自分のお気に入りの作品を作ることも可能です。

陶磁器で有名な作品とは

陶磁器で日本の国宝として指定されているものもあります。茶碗では、美濃焼の白楽茶碗で、本阿弥光悦の作です。また、志野の名碗として有名な器も国宝に指定されています。また、有田焼は伊万里としても知られ、その豪華な絵付けが高く評価されています。有田焼、伊万里焼は磁器であるため、白い磁器に鮮やかな赤や青などで絵付けされていることが特徴です。伊万里焼の中でも、柿右衛門という名は広く知られています。伊万里に磁器の技術が伝わった時代に、柿右衛門という職人が白い磁器に鮮やかな絵付けを行ったことで、高く評価され、その後、代々名前を引き継がれて現代まで続いています。


アクティビティジャパンでは
全国様々なアクティビティの
予約・体験ができます