北海道は知られざる陶芸の産地

北海道は知られざる陶芸の産地

陶磁器と日本人の深い関係

日本人の食卓に欠かせないものが陶磁器。茶碗や湯飲み、お皿など日本人は四季や料理によって陶磁器を選び、食卓を彩ってきました。日本の陶磁器の魅力は素朴でシンプルな形、そしてそれを引き立てる釉薬が食べ物を引き立てるところにあります。最近ではその繊細な模様や色使いが美しい磁器の魅力が海外の人にも高い人気を集めています。日本の焼き物の歴史は古く、およそ12000年以上前から始まったとされています。これは世界最古ではないかといわれているほどです。この昔から続く製法と、新しい技術の融合が現代における焼き物の最大の魅力ではないでしょうか。

北海道で有名な陶磁器産地

「陶芸の産地はどこか?」と質問があった時に「北海道」と答える人はそう多くはいないでしょう。しかし北海道には小樽焼やこぶ志焼といった焼き物があるのです。小樽焼はなんといっても釉薬にその魅力があります。緑玉織部と名付けられた釉薬は深い青緑色で陶磁器に味わい深い魅力があります。しかし残念ながら現在は継承者がおらず、小樽焼は作られておらず貴重なものになっています。 こぶ志焼きは道内の素材を活用しながら、こぶ志窯の礎となった海鼠釉の器をはじめ、食卓を彩る器を中心に製作しています。釉薬、手づくりに特徴を持ったこぶ志焼きは味のある作品がとても魅力的です。

北海道での有名な陶芸作品

北海道で有名な陶芸といえばやはり山岡三秋さんの作品といえるでしょう。こぶ志焼きは山岡三秋さんに開かれたもので今はすでにお亡くなりになっているので、人気も高まっていて手に入りにくくなっています。 そんな北海道では陶芸工房が数多くあり、体験教室も行われています。特に江別周辺では盛んにおこなわれており陶芸教室それぞれに様々な体験が行われています。例えば代表的な絵付けや手ひねりができるものや、時計が作れたり、季節の飾り物が作れたりなど好みに応じて教室を選ぶことができます。 北海道の雄大な大地で土を触って無心になりながら、世界に一つだけの作品を作ってみてはいかがでしょうか。


アクティビティジャパンでは
全国様々なアクティビティの
予約・体験ができます