岐阜羽島で刀匠が鍛造の技を一日1組限定で教えます。

Subwing(サブウイング)

岐阜県は関市でふるさと納税の謝礼品として日本刀の真剣を限定20本贈るというニュースが報道されていましたが、現地の刀匠に作ってもらえるということで、若手の刀匠を育てるためという側面もあるそうですよ。

ただ、「100万円はちょっと高いかな、自分で作ったらもう少し安く済むんじゃないの」なんて思ってしまったアナタに自分で作ってみようというプランをアクティビティジャパンで紹介しております。
もちろん一日1組限定(1人~4人)で、刀匠が付きっ切りで教えてくれるプランがふるさと納税のニュースでも話題になった岐阜県は岐阜羽島で体験して実際に作成までできる伝統工芸体験プランとして現在予約受付中です。

東海道新幹線の岐阜羽島の駅からの送迎もありますので、東海道新幹線の沿線の方であれば、一日じっくり刀匠と向き合うこともできますね。

刀匠と一緒に伝統工芸体験

淺野鍛冶屋(Asanokajiya)

【岐阜・羽島市】刀匠が鍛造の技を教えます!鍛冶場で侍ナイフ作り(1日体験コース)

プランID:11812淺野鍛冶屋(Asanokajiya)
31,500円~(税込)

「鍛造にチャレンジする伝統工芸体験」 鎚(つち)で打ち延ばす、金やすりで整える、刃付け、焼き入れ、研ぎなどの作業に挑戦してください。ただの金属がナイフへと生まれ変わる、感動的な体験が待っています。日本伝統の技に触れてみませんか。


日本刀は外国の方も非常に興味があり取材も受けているようです。そんな刀匠と1日7時間教えてもらいながら制作できる伝統工芸体験はアクティビティジャパンから予約できますよ。

アクティビティジャパンでは
全国様々なアクティビティの
予約・体験ができます