爽快な、桂浜のホエールウォッチング

爽快な、桂浜のホエールウォッチング

ホエールウォッチングのシーズン

温暖な高知県では、4月末~10月下旬ごろまでの長いシーズン、ホエールウォッチングを楽しむことができます。 とくに、5月の連休や夏休みには、観光や帰省の家族連れでにぎわいます。 土佐湾はクジラとの遭遇率も高く、ホエールウォッチングはとても人気のあるアクティビティなんです。 しかし秋には台風もよく来る地域ですので、予定が狂ってしまわないように、春~夏に計画をするのが良いかもしれませんね。 お天気の良い時は、空と海の色がとてもきれいで、海の潮目もくっきりしています。 青空の下、クジラを捜して海の上を行くのは本当に爽快ですね!

ホエールウォッチングの見どころ

ホエールウォッチングでの見どころは、やはり雄大なニタリクジラのブリーチング(ジャンプ)ですね! なんと、大きな体の3分の2ほどを海面上に躍らせます。 なかなか見ることはできませんが、大迫力のブリーチングは一度見てみたいものですね。 クジラのブロー(潮吹き)も見どころです。 こちらは時々見ることができますので、期待して行きましょう。 そして、船と一緒に泳いでくれるイルカの群れはほんとうに元気で可愛いです。 また、桂浜沖でのホエールウォッチングならではの見どころと言えば、桂浜に立つ龍馬像を海から眺める瞬間でしょう。 龍馬ファンの方ならとくに見逃せません。

桂浜沖で見れるクジラの種類

土佐湾のホエールウォッチングで見ることができるクジラの種類は、主にニタリクジラやイルカです。 ニタリクジラは体長が14メートル前後あり、優雅でゆったりとした姿は「海の貴婦人」とも呼ばれます。 フィーディング(エサを食べる)やブロー(潮吹き)をする姿もよく見られ、ニタリクジラの噴きだす潮の高さは3~4mもあります。 人気の高いイルカも、100頭~150頭の群れがいることがあります。 人懐っこく船を追いかけて遊びにくる可愛いイルカたち、大きな群れに逢えたらラッキーですね。 また、ザトウクジラ、マッコウクジラ、ハナゴンドウクジラなどに出会えることも!