スノーシューを入笠山で楽しむ際の情報

スノーシューを入笠山で楽しむ際の情報

入笠山のスノーシュー、楽しめる期間は?

雪上を歩行するための道具がスノーシューで、最近ではそれを装着して、ネイチャーウォッチングなどを楽しむために雪山を歩行するレクレーションを指すこともあります。山に恵まれた日本では、その中でも雪に恵まれた地域の山でこれが楽しまれています! 雪上を歩行するための道具を使用するので、スノーシューを楽しむ一般的な期間は冬の間です。雪が降り始めた時期から、山に雪が残っている時期までと言うことになります。 入笠山登山口へのアクセス場所でもある富士見パノラマリゾートの営業期間が12月の上旬から翌年の4月の上旬までとなっていますから、これを目安と考えると良さそうです。

入笠山でのスノーシュー、オススメの時期は?

12月から4月までの入山となると、そこで触れることができる魅力は月によって異なります。12月から2月頃までは、やはり相当の積雪量があることでしょうから、一面の銀世界を楽しむことができるでしょう。逆に、少しずつ雪の量が減っていく3月、4月頃は、少しずつ顔を覗かせる春の植物なども楽しめそうです。 よってオススメの時期に関しては、特に限定されるものではありません。ただスノーシューを行う人によっては、時期に気をつける必要があります。 いくらスノーシューと言えども、やはり積雪量が多いと初心者の方、登山に慣れていない方などは歩行が大変ですから、ある程度、積雪量が減ったシーズンの方がオススメです。

入笠山でのスノーシュー、見どころはどんなところ?

ゴンドラ山頂駅から入笠山の山頂を目指すルートの場合、その見どころは何と言っても雄大な八ヶ岳連峰の大パノラマです。山頂に雪を被ったその景色は、まさに圧巻の一言に尽きます! また入笠山の山頂からは富士山をはじめ、天候が良好であれば南、中央、北アルプスまでも見渡すことができます。天候次第ですが、深田久弥が著した随筆『日本百名山』に記されている山の、実に22の山を見ることが可能ですから、それも見どころのひとつです。 その他にも、力強い樹木や雪の大地とのコントラストが美しい冬の青空、道中で見かけるであろう雪の中でも逞しく生えている植物なども、見どころと言えます!