日光で体験出来るスノーシュー!

日光で体験出来るスノーシュー!

天候に影響されない器具!

冬のアクティビティと言えば、スキーやスノーボードなどがありますが、いずれもゲレンデ内に限られてしまいます。雪山の豊かな自然をもっと楽しみたければ、ゲレンデ外にも足を伸ばす必要があるわけです。そこで注目されているのがスノーシューというもので、日本のカンジキに似ています。特長は、器具の底に突起が付いているので、少しくらいの傾斜であれば雪山にも登れることです。クロスカントリー用のスキーのように天候によっては使えなくなるのと違って、オールラウンドに対応できます。何より、初心者でも扱いやすい点が大きなメリットと言えるでしょう。

スノーシューは初心者向け?

雪山のトレッキングと言えば、かなりのベテランでなければ、なかなか体験しづらいアクティビティでした。スノーシューの登場で、誰でも楽しめるようになったわけで、今後も雪山トレッキングの人気は高まると予想されます。スノーシューは、競技ではないので無理をする必要ありません。日光のトレッキングツアーでも、初心者に合わせたペースで進むので、余裕を持って雪山の自然を満喫できます。ツアー中は、ベテランのガイドがナビゲートするので、安心して参加することが出来るわけです。ガイドは、地域の自然などにも詳しいので、色々な楽しい話も聞けて有意義な時間を過ごせるでしょう。

雪山トレッキングの注意点

スノーシューは初心者向けの扱いやすい器具ですが、日光の雪山に実際に入る際には色々注意点があります。それ故、雪山のトレッキング初心者は、スノーシュー教室が併設されたツアーに参加するのがいいと言えます。教室では、器具の取り扱いに関しての知識や技術は勿論、雪山に入る場合の注意点や安全に関しての大切なことを学ぶことが出来ます。今後、仲間とトレッキングを楽しむ時に、きっと役に立つものとなります。トレッキングの醍醐味は、時には未踏の雪原などに出会うことなので、そうした場合は安全の基本知識が重要になるからです。例えば、雪山に入る場合は、余分の水や食料を携帯する必要がある、などです。