船釣りでキス釣りを楽しもう

船釣りでキス釣りを楽しもう

キスを釣りに行くならどこに行く

キスは別名シロギスと呼ばれている魚で、光ったような銀色が鮮やかな魚です。 どのような場所で釣れるのかと言うと、シロギスは砂地の海底を好む魚で有り、仕掛けを海底までおろしてから軽くリールを巻いてあげて、道糸を張った状態で待ちます。 魚が餌を食べると、竿先が動くので、その動きに合わせることでハリをかけることが出来ます。 また、シロギスと同じ環境に生息しているメゴチが混ざりますが、どちらも白身の魚であり、天ぷらなどにして食べると美味しい魚として釣り人の間で人気が高くなっており、船釣りの場合は船頭さんがポイントまで連れて行ってくれるので釣果を望む事が出来るのです。

キスを釣りに行くならこの仕掛け!

シロギス釣りの仕掛けと言うのは、船釣りの場合は3メートル前後の釣り竿、スピニングリールや同軸リール、リール糸は3号から4号程の糸を100m前後巻くことが出来るものを用意する形になります。 釣り場所は海底から10~30センチほど上を狙うため、海底の潮の流れが速い場所も在るので、オモリを変える事が出来るタイプがお勧めで、銅付きや片テンビンなどがお勧めです。 銅付き仕掛けは道糸に2本~3本ほどのハリスとハリをつけた仕掛けで、先端にナス型オモリを取り付けるためのスナップ付サルカンを取り付けます。 片テンビンの場合も、テンビンに2~3本ほどのハリスとハリをつけて作ります。

このやり方でキスが釣れる!

シロギス釣りのやり方は、ハリにゴカイや青イソメなどをつけて行いますが、エサの食いが悪い時は大きめにエサを取り付け、食いが良い時は小さめにするのがコツです。 また、海底までラインを下した後は、少しリールを巻き上げてラインを伸ばした状態にして待ちます。 特別誘いなどをしなくても、海底を泳ぎ回るシロギスがゴカイや青イソメを求めて集まるので、当たりを待つと言ったやり方になります。 エサを食うと、竿先が動くので、大きく動いた瞬間釣竿を軽く上にあげて合わせます。 後はゆっくりとリールを巻き上げれば銀色に輝くキスを釣ることが出来るわけです。 また、エサを食っている時にタイミングを合わせる事で2匹同時に釣れる事も有ります。