東海で海釣り・船釣りを楽しもう!

東海で海釣り・船釣りを楽しもう!

人気漁場の東海で海釣りするならどこに行く? 

東海地域はどこも豊富な種類が獲れる地域ですが、その中でも海釣り・船釣りが楽しめる場所が静岡県の伊豆半島です。 初心者でも手軽に楽しめるのが、沼津市の「静浦漁港」です。静浦漁港の堤防は独特な形状をしていて水深も深いので、いろんな種類が狙えることもあって地元の人を中心にとても人気のある場所です。また有料の海釣り公園として開放されているのが「熱海港」で、軽食やエサ、貸し竿も用意されていてとても便利です。 船釣りでは熱海・網代・伊東といった、伊豆半島を代表する漁港から絶えず船が出ていて、ホームページに開催曜日や時間などが載っているので、自分の都合と合わせて予約ができますよ。

漁場ではどんな魚が釣れるの?

人気スポットで釣れる魚には、静浦漁港ではアオリイカ・クロダイ・ソウダカツオ・マダイ・アジ・イワシなどが釣れるので、子供も手軽に釣りを楽しめます。 また熱海港では、アジ・サバ・クロダイ・メジナ・シロギス・根魚類・サヨリ・ソウダカツオなど、いろいろな種類が釣れるので、年間を通して楽しむことができ、休日には入場制限が出るほど人気ぶりです。 船釣りでは、漁場によって違いがありますがマダイ・ヒラマサ・オニカサゴ・クロムツ・ヒラメ・マグロなどなど、本当にいろいろな種類が獲れ、大物も狙うことができるので本格的に楽しみたい人にはおすすめです!

海釣りをする際に準備するものは?

準備品としては、タックル(釣竿・リール・釣糸・釣針・おもり・浮きなどの仕掛けの一式)・ハサミ・仕掛けいれ・エサ箱・コマセバケツ(フタ付きの密閉バケツ)・竿立て・玉網などです。 海釣り・船釣りの基本装備としては、ライフジャケット・タックルバッグ・照明・帽子(キャップ)・サングラス(偏光グラス)・靴(スニーカーやスパイク底のブーツなど)・フィッシンググローブ・雨具などです。 漁港などで楽しむ場合には、場所によっては貸し竿やエサなど必要な道具がレンタルできるところもあるので、事前にチェックしてから道具を揃えると良いです。