海外でワカサギ釣りをする際の現地に行く方法

海外でワカサギ釣りをする際の現地に行く方法

ワカサギを海外で釣れるポイントは?

早い時期で9月の下旬から来年の3月上旬の期間までにおいて、海から川に遡上したワカサギ釣りが最盛期を迎えます。ワカサギは春を告げる魚とも呼ばれていることで縁起物として扱われていますが、それと同時に食べた際の身の甘さと内臓のほろ苦さが好まれることによって冬から春にかけての風物詩として長年愛されています。そのワカサギ釣りは日本での冬の風物詩となっていますが、それは日本だけでなく!海外においても同じことが言えます。海外でのワカサギ釣りができるポイントとしては、条件として山と海が遡上できるようにつながっているのと冬のときには氷で覆われているところなのでカナダや北側に位置するアメリカそして北欧などが該当します。

ワカサギは海外でいつ頃に行けば釣れる?

先に言ったとおりに夏で栄養を蓄えたワカサギは、その後の季節で秋から冬にかけて川に遡上します。それは海外にも言えることで、海外でのワカサギは海外でいつ頃に行けば釣れるのかというと日本と同じく9月の下旬から12月が該当します。しかし日本のワカサギ釣りはボート貸出し期間の始まる9月の下旬から釣りができる環境となっていますが、それは日本の話でありそれぞれの釣りのできる国々では環境によるルールが違うため一概に釣りができるだけで言うと期間はバラバラとなります。そのため実際に海外で釣りを行うときには、12月の初めから2月までの時期に行くとルールに関係なく釣りを行う期間となります。

氷に閉ざされた現地に行くには?

12月から2月の下旬までがワカサギ釣りができる期間ですが、そのポイントである現地に行くにはどうすればいいのか迷うと言えます。実際に現地に行くには飛行機で釣りをしたい国に到着後において、バスターミナルでバスに乗り釣りができる地域まで移動します。そして地域に到着後ですが、日本では私有地に作られていても自然そのままの状態であるため立ち入りにくい場所に作られていることが多くバギーやスノーモービルなどをレンタルして凍った川に移動します。その後釣りのポイントに入る前に必要事項などを明記した申請書を事務所で申告し、それから初めて釣りができます。