犬ぞりを体験してみよう

犬ぞりを体験してみよう

犬ぞりを体験したい場合は?

犬ぞりは、犬にそりをひかせる移動手段です。高緯度地域の移動手段として、また最近では冬季のアクティビティのひとつとして利用されています。 日本国内ではあまり行われていないイメージが強い犬ぞりですが、雪の多い地域のリゾート、レジャー施設では、冬季限定で体験コースを設けているところもとても多いんですよ。季節になるととても人気を集めているようなので、体験を希望される場合は、シーズン突入前など、早めの時期に予約しておくことをおすすめします! 体験は、主には、自分でそりを操縦する場合と、インストラクターが操縦するそりに同乗するもののふたつに分かれています。自分の希望に応じて、どちらかを選ぶと良いです。

犬が苦手な人でも大丈夫?

犬ぞりの主役は、そりをひっぱってくれる犬たちです。活躍している種類としては、シベリアンハスキーやサモエドなどの、比較的、体が大きなものを挙げることができます。 そりをひっぱってくれる犬は、インストラクターの人が選ぶことがほとんどです。そしてコース走行を終えた後は、感謝の気持ちを込めておやつをあげると言う触れ合いの時間を設けている施設などもあります。犬が大好きな人は、是非、その時間に思いっきり触れ合って下さい! 一方、苦手だと言う人は無理をする必要はありません。インストラクターの人にその旨を伝えると良いでしょう。けれどせっかくですから、少しの触れ合いにチャレンジしてみても良いですね。

犬ぞりを操るのはどうすれば良い?

犬ぞりを操る場合、ポイントとなるのは体重移動です。ひっぱられる力の方向、あるいは進行方向に合わせるようにして体重を動かすと、無理なくそりがひっぱられて、スムーズに移動することができます。 体験する場合、いきなり犬ぞりを操るということはありませんから、安心して下さい。事前にそりにのって、体重移動のコツや注意するポイントなどを教えてもらえますから、しっかりと練習を重ねておきましょう。 比較的、長い距離を走行する場合、そりを操る人を途中で交代すると言う場合がほとんどです。ですから、そりを操ることと、そりに乗って周囲の風景を楽しむことのふたつを、楽しむことができます!