北海道のバンジージャンプ事情

北海道のバンジージャンプ事情

北海道のブリッジスウィング

北海道では橋を使用したバンジージャンプが至る所で行なわれているのが特長となっているのですが、ただ引力に従って落ちるだけじゃつまらないですよね。 橋の欄干というシチュエーションから落ちるのは勇気がいるのですが、その際にロープが作動した時点で風のように前後に振られる感覚が醍醐味と言う人が多いのです。 大自然をバックにラフティングとセットになってるケースが多いんですが、通常のバンジージャンプでは味わうことの出来ないより自然に体感することが出来るのが特長です。 そしてブリッジウイングのウリは、やはり橋を軸とした巨大なブランコに乗ってる感覚なのです。

北海道のブリッジスウィングの高さ

大自然の塊のようなイメージがある北海道でブリッジウイングを楽しむ場合に、まず検討しなくてはならないのは水面から橋までの高さですね。 前述した高さがあればあるほどスリルが高まるし、どうせやるなら滅多に体験できないことをやろうってのが人情というものです。 もっともあまり高いチョイスをすると、土壇場で足がすくんじゃって肝心のブリッジウイングを楽しむことが出来なくなっちゃったら本末転倒なので、橋選びには注意したいところですね。 高さを肝としているのはバンジージャンプもブリッジウイングも遜色ないんで、そのプレイする人の中で上手く使い分けてもらいたいですね。

北海道のブリッジスウィングの価格

ただのバンジージャンプと違って、落下した後にも巨大ブランコ的な楽しさと身体が左右に振られることで普段は絶対見ることの出来ない景色を楽しむことが出来るという2つの点で楽しめるのが最大の特長です! そんなブリッジウイングの価格ですが、さすがに大自然を舞台とする場合に通常のバンジージャンプ専門アトラクションと違って、周到な用意をしなくてはならないんです。 その各種ツールや、公共の橋を使用するわけですから市町村への使用許可を取らねばなりません。 これらの内容も価格に含まれてる訳だから多少通常のバンジージャンプよりも割高になるのは仕方がないことですね。