関西で女性がサバゲーを楽しむためには

関西で女性がサバゲーを楽しむためには

関西でもサバゲーは大人気

サバイバルゲーム、略してサバゲーは、1980年代にアメリカで生まれたペイントボールを使ったゲームにヒントをえて生まれました。ペイントボールとは、インクが入ったボールにあたって色がついたら負け、というものですが、サバゲーはエアガンを使用するゲームです。かつては、何もない自然の中で行っていましたが、今では、フィールドとして整備され、トイレも完備されるようになりました。関西地方にも、屋外、屋内と充実した施設がたくさんありますので、近所でも楽しめるようになりました。周りにサバゲーをしている友達がいない!という方も、関西地区でメンバーを募っているサイトもありますので、仲間を探してみるのも楽しいですね。

女性だけで楽しむほうがいい?

かつてはサバゲーは男性の遊びのイメージが強かったですが、最近では女性の参加者も多数見かけます。やはりトイレなどの設備が整い、参加しやすくなったのも大きな要因の一つでしょうか。関西にも、女の子オンリーのチームもあるようですので、ますます期待できますね!ただ、まだまだ圧倒的多数は男性のメンバーです。経験豊富なメンバーや元自衛官など本格派もいるようですので、ここは気後れせずぜひ一緒にプレーしてみましょう。男性側も女性だからと特に気にしているようでもないですよ。「帽子をはずまで女性とわからなかった」というぐらいアクティブな女性もいるようですし、ここはチームプレーで楽しみましょう。

服装ってみんなどうしてる?

自由なファッションを楽しめるのもサバゲーの楽しみの一つです。迷彩柄のものなど様々なデザインがあり、「ファッション」としてのサバゲーを満喫できるようになりました。とはいっても、本格的に野山を走り回るわけです。やはり、素肌があまり露出していない方が、怪我の防止にはつながります。また、案外見落としがちなのが「靴」です。多くの人の怪我で多いのが、実はあしを挫いてしまうことですが、それが適切でない靴が原因と言われています。出来れば足首を保護できるハイカットのブーツなどが好ましいですが、それ以外でも走るのに適した靴を選びましょう。服装はデザイン性だけでなく、身体の保護も忘れず、思いっきりゲームを満喫しましょう!