関東地方のラフティングの名所 長瀞へのアクセス

関東地方のラフティングの名所 長瀞へのアクセス

長瀞ラフティング、都内から車でのアクセス

都内から関東有数のラフティングエリアである長瀞駅周辺への車でのアクセスは、都心や東部からだと関越自動車道に乗り、およそ60km、所要約45分の花園ICで降り、そこから国道140号線、通称彩甲斐街道で約20km、所要約30分です。西部や多摩地区などからは、まず圏央道に乗り、鶴ヶ島JCTから関越自動車道を使うのが良いでしょう。関越道大泉ICからの合計所要時間は約1時間15分ほどです。 花園ICからは国道140号線のバイパスである皆野寄居有料道路を使用する方法もありますが、所要時間はあまり変わりありません。むしろ渓谷の景色を楽しみながら気分を高められる、国道140号線がおすすめのルートです。

長瀞ラフティング、都内から電車でのアクセス

ラフティングエリアへの電車でのアクセス方法には、新幹線利用、JR在来線利用や西武線、東武線利用といったものがあります。いずれの方法でも長瀞駅下車です。 JRの場合は新幹線、在来線共に熊谷駅まで行き、そこから秩父鉄道に乗り換えて約50分です。都心から熊谷までの所要時間は新幹線で約40分、在来線は新宿から湘南新宿ラインを使う場合や、上野から特急あかぎを使った場合共に約1時間10分です。 西武鉄道は池袋から池袋線、飯能駅乗換で秩父線、そして御花畑駅から秩父鉄道に乗り換えます。所要は約2時間半です。 東武鉄道を使う場合は、池袋から東武東上線で寄居駅まで行き、そこから秩父鉄道に乗り換えます。所要は約2時間です。

ラフティングに必要な持ち物は?

ラフティングは水に濡れることを前提としたアクティビティなので、まず着替えの衣類とタオルは必須です。また服装も動きやすく、濡れても差し支えのない服装がおすすめです。ツアーによっては水着持参としているところもあります。靴も動きやすく濡れても良いものを選ぶべきですが、ビーチサンダルなどは脱げやすく危険ですので避けましょう。メガネやコンタクトの方はメガネバンドやゴーグルがあると安心です。 ラフティング用具一切のレンタルはツアーに含まれているので、必要な持ち物は限られます。関東有数のラフティングエリア、長瀞を身軽に楽しみましょう!