サーフィンの世界大会

サーフィンの世界大会

サーフィンで行われている世界大会について

サーフィンにはプロサーファーがいますが、年間のタイトルを競いあう戦いがあります。 サーフィンは波に乗るというスポーツですが、そのパフォーマンスを競いあうのです。 日本にもプロサーファーの大会はありますが、世界戦には大きく2つあります。それはWCTといわれるワールドチャンピオンシップツアーのことで世界を転戦してワールドチャンピオンを決める大会です。 もうひとつはWQSというワールドクオリファイイングシリーズでWCTの2次リーグにあたり、それぞれの上位の人が入れ替わり、それぞれ大会に出場できるのです。

サーフィンの世界ランキングのポイントとは?

サーフィンの世界戦は全11戦あり、ポイントによってランキングが決まります。そのスケールの大きさは日本とは違いサーフスポットをすべて貸し切って行うイベントでとても盛り上がるのです。 ランキングはそれぞれのイベントのグレードによって獲得できるポイントや賞金も変わってくるのです。一番グレードの高いイベントはプライム、6スター、5スターといったようにイベントごとにポイントが変わってきます。 世界ランキングのトップには有名な人としてはケリースレーターやジョンジョンです。他にもミックファニングやタジバロウなど常にトップに入ってきています。

世界ランキングの決め方はどのようになっているか

サーフィンの世界戦は全11戦、賞金や盛り上がりは日本の大会とは比べ物にならないもので、それだけ海外ではサーフィンはメジャーでもあり、有名なのです。 世界ランキングは11戦で一番ポイントを獲得した人ですが、大きなイベントでパフォーマンスをして優勝すると世界タイトルがとれるチャンスもでてきます。 特に海外には大きな波でチューブライディングを決めるようなパフォーマンスが注目されており、決め方はひとつのライディングで10ポイントあり、より高いパフォーマンスをすると高いポイントを得ることができます。パーフェクト10なら文句なしということです!