パラグライダーは爽快感を満喫できます

パラグライダーは爽快感を満喫できます

パラグライダーで思いっきり飛ぶ前の心掛けは?

いまや、パラグライダーは全世界で楽しまれているスポーツです。 大空を飛びことができる唯一のスポーツでもあります。 まさに鳥のように滑空している感覚は、たとえようもない充実感があります。 パラグライダーで飛ぶ前の心掛けは、インストラクターの指示に従うことはもちろんです。 装備としては、キャノピーという翼と、それを体につなぐハーネスの2つがベースになります。 そして、頭を守るヘルメットや、手袋、フライトスーツなども必要です。 なお、パラグライダーは天気に左右されます。 雨や雪のときは飛べません。 また、風向きによっても、テイクオフができないことがあります。 天候条件が安全であることを確認しましょう。

飛んでからどうすればよい?はあえて考える必要はありません

空を飛んでいる感覚というのは、とにかく気持ちのいいものです。 パラグライダーで空を舞っているときに見える世界は、あたかも自分が鳥になったかのようです。 自分の住んでいる町や美しい山々、波が光る海など、いつもは見ることのできない光景を存分に味わえます。 普段は決して見ることのできないシーンですので、しっかりと目を凝らして見ておくべきです。 非日常の世界を垣間見るまたとないチャンスですので、飛んでいる時間を大切にしなければなりません。 飛んでからどうすればよいと疑問に思う人がいるかもしれませんが、意図的な操作は不要です。

パラグライダーから降りるときの心掛けです

大自然の美しさを堪能し、普段は見ることのできない光景をたっぷりと見て、いよいよ着陸です。 降りるときに特別に留意すべきことは何でしょうか。 実は、パラグライダーは、ふわりと柔らかく降りられるのです。 風の吹いている方向に合わせて、ゆっくりと着地操作をすれば、ソフトランディングが可能です。 訓練の段階で、慣れていない頃には、思わず転んでしまったり、時には捻挫をしたりする人もいます。 ですから、足首までカバーするトレッキングシューズなどを履いておけば、けがにつながることはありません。 降りるときの心掛けは、風の向きに合わせてゆっくりと着地することです!