初心者がサーフィンで沖に出るためのドルフィン

初心者がサーフィンで沖に出るためのドルフィン

まずはドルフィンで沖のポイントに出てみよう

サーフィンでまず初心者が挫折してしまうという、沖に出る。というこの簡単なことが難しいのです。ポイントまでドルフィンで行けないことにはサーフィンもできません。ドルフィンとは簡単に言うと、押し寄せてくる波の下に潜り込むこと。そうすることで、沖のポイントへ出ていけるのです。ドルフィンとは波の手前で勢い良くサーフボードの先から水中へ潜り込み、水中では片方の足でサーフボードのテール側を蹴り込み大きく潜り込みます。蹴り込みやサーフボードの押し込みが足りないと、波のパワーに負けて岸の方へと押し戻されてしまいます。

初心者の方はまず動画などを見て研究しよう

初心者の方はサーフィンの勉強にはネットなどを大いに使ってたくさん勉強しましょう。海では地元のルールがあったり、厳しいところでは波を譲ってくれないところもあります。せっかくポイントまで行けても波に乗れず帰ってくるということもあるでしょう。そうならないためにも、ポイントに着いてから、波に乗るまでの動作、主にパドル、波の見方などでしょう。一緒に海にいるうまい人たちの動きをよく見ておくのも大変いい勉強になります。うまい人たちは波がきたらどの瞬間に動き出すのか。よく見ておきましょう。波を掴んでしまえばあとはテイクオフ!そこには最高の瞬間が待っています!

初心者の人はまずこれをやろうサーフィン練習方法

初心者の方は、海に出なくてもできる練習方法はあります。布団でもいいんです。まずはうつ伏せになり、胸を張って背筋を鍛えるような状態でサーフボードに乗っている感覚でパドルの練習。スポーツ用品店でゴムなどを買ってきて柱などに結びつけ筋力アップ。そして、テイクオフの練習ですがその状態からサーフボードのセンターに両足がくるようになるまで何度も練習しましょう。陸上でできないことを実際に海ではできないでしょう。陸上でサーフボードを置いてテイクオフの練習をすると、誤って大事なサーフボードを壊してしまう可能性があるので、段ボールなどでサーフボード型に切り練習するといいでしょう。