マリンスポーツ界のウォーターマン遊びの世界を広めたスタンドアップパドルボード(SUP)

マリンスポーツ界のウォーターマン遊びの世界を広めたスタンドアップパドルボード(SUP)

楽しみ方の幅が広い!増え続けているSUPの競技人口

世界的にも人気を集めるスタンドアップパドルボード(SUP)は、遊び方の幅が広い事が特徴といえ、サーフィンのように波に乗ったり、カヌーのようにクルーズ、そして水上の不安定さを利用し相乗効果を生み出すヨガなどを取り入れて楽しんでいる方も多く、今までマリンスポーツと縁のなかった方までもが楽しむことができ、必然的にSUPの競技人口が増えていることの要因となっています。 世界的にも人気の高いスタンドアップパドルボード(SUP)ですが、日本も例外ではありません。 サーフィンのように敷居が高いわではありませんが、日本のサーファー人口は100万人と言われ、スタンドアップパドルボード(SUP)はそれに近いと言われています。

SUP界のスタープレイヤーといえばレイアードハミルトン!

スタンドアップパドルボード(SUP)のSUP界のスタープレイヤーといえば、現在はカリフォルニア在住のレイアードハミルトンになるのではないでしょうか。 以前はハワイに住み、ありとあらゆるマリンスポーツを体現し、世界的にも認められるウォーターマンとして有名です。 最も有名なチャレンジは、世界最大と言われたハワイのジョーズというポイントでのサーフィン。 水上バイクで加速をつけ、一気に大波を滑り落ちる姿に世界中の人が驚きました。 そんな彼があたらしい波乗りスタイルとして楽しみ始めたのがスタンドアップパドルボード(SUP)であり、SUP界のスタープレイヤーという事は言うまでもありません。

レイアードハミルトンというスタープレイヤーの歴史

かつてはモデルも務めたレイアードハミルトンは、マリンスポーツの実力はさる事ながら、そのルックスも一流の人物です。 あらゆるマリンスポーツをこよなく愛する彼ですが、世界的にも憧れるファンも多く、その理由は大会などには出場しないソウルサーファーという概念を貫き通していることだと言われています。 スタープレイヤーの歴史と言うと、華々しい大会での記録的な事がバックボーンとして讃えられますが、試合には出場せず、ソウルサーファーとして海からの壮大な自然の力にチャレンジする姿を世界に見せることで人気を不動のものにした真のソウルサーファーと言えます。