東京オリンピック正式種目 ウインドサーフィンのアジア選手権  湘南江ノ島で9月開催

(atpress)リリース発行企業:一般社団法人湘南海洋教育スポーツ振興協会
ウインドサーフィンのアジア選手権

INFORMATION 一般社団法人湘南海洋教育スポーツ振興協会(以下 スポーツ振興協会)が運営する総合型地域スポーツクラブ 江ノ島ちょっとヨットビーチクラブ(以下 ちょっとヨット、URL:http://www.coco-bea.com/)は、特定非営利活動法人日本ウインドサーフィン協会(URL:http://www.jw-a.org/)、全日本学生ボードセイリング連盟(URL:http://www.jubf.org/)と共同主催で、2020年東京オリンピックにおける正式種目であるセーリング競技のボードセーリング種目(以下 ウインドサーフィン)の「2015ウインドサーフィンアジア選手権」(以下 本大会)を、9月26日(土)から10月4日(日)にかけてセーリングスポーツとマリンスポーツのメッカである神奈川県片瀬海岸東浜と江ノ島ヨットハーバーにて開催致します。

■「2015ウインドサーフィンアジア選手権」について
本大会は2020年東京オリンピックの正式種目であるウインドサーフィンの正式艇種であるRS:Xクラス(以下 RSXクラス)と、ウインドサーフィンの中でも世界的に競技人口が多く、ユースオリンピックの正式艇種に採用され、日本においても大学体育会の正式艇種に採用されているテクノ293クラスを中心とした競技を行う、アジア圏からハイレベルなアスリート達が集まる国際大会です。

その中でも、テクノ293クラスは、小学生から参加できるナショナルテクノU15クラスとジュニア、ユース層を対象としたU-15(15歳未満のクラス)、U-17(17歳未満のクラス)、大学生、社会人を対象としたA-17(17歳以上のクラス)、テクノ293プラスクラス(8.5m2のセールを利用したアスリートクラス)の、小学生からトップアスリートまでが参加できる世界的に普及しているウインドサーフィンのクラスのため、アジア圏内の各国からのみならず、日本国内のジュニア選手たちにもチャンスのある種目となっています。

また、本大会は2020年東京オリンピックのセーリング競技の開催候補地の一つである神奈川県藤沢市の江ノ島にて開催予定であり、東京オリンピックの開催決定後、セーリング競技においては国内で最初のオリンピック正式種目の国際大会とあって、地元の関心度も高まっております。

なお、注目すべきところは、本大会へのテクノ293クラス、テクノ293プラスクラスの派遣選手を認定する大会(以下 派遣認定大会)を、西日本では2014年大阪市より完全民営化されたことで注目度の高い大阪北港マリーナ、東日本では本大会を開催する江ノ島の片瀬海岸東浜にある江ノ島ちょっとヨットビーチハウスの2か所別日程で開催するところです。

これは、約10年ぶりに国内にて開催される国際大会に一人でも多くの選手が参加できるよう、自国開催のメリットを最大に生かし東西の会場で派遣認定大会を開催することで、国内に点在するウインドサーフィンの拠点で活動する選手たちにエントリーしやすい環境を主催者が用意したものです。

また、派遣認定大会では、東西の大会でそれぞれ、テクノ293クラスで男性3名、女性2名、テクノ293プラスクラスで男性3名、女性2名の10名の選手を大会への派遣を認定し、合計で20名の派遣選手団を形成します。

この選手たちには、ボールペンでおなじみのフランスのBiC社のスポーツ部門であるBiCスポーツジャパン(URL:http://www.bicsport.com)とオランダのマリンスポーツウェアブランドのマジックマリンジャパン(URL:http://www.magicmarine.jp)が共同で、チームウェアの提供や派遣選手の合同強化練習会などの開催などを行い、チームをサポートし、なおかつ、現在国内で活動する選手が少ないテクノ293プラスクラスにおいては、東西の大会の上位各20名にテクノ293プラスクラスの用具一式を9月のアジア選手権本戦までの間、無料貸し出しを行い、国内でのテクノ293プラスクラスの普及を促進してまいります。

■大会主催者のねらい
大会主催者は、現在低迷している日本のセーリングスポーツ界を、2020年東京オリンピック開催によるスポーツへの関心の高まりに乗じ、同スポーツの中心地である湘南江ノ島にて、国内では約10年ぶりとなるウインドサーフィンの国際大会を開催することで、青少年、アスリート育成、選手強化につながることだけにとどまらず、同スポーツ界全体のイメージアップと活性化をねらい本大会を開催します。

さらに、本大会につながる派遣認定大会を、湘南と大阪の東西の同スポーツでは注目度の高い会場と海域を選び、学生を中心とした若く、新しく、さわやかな、そして青少年たちのあこがれの対象となるようなマリンスポーツの文化と教育の発信を狙い開催します。また、国際色豊かで、さわやかなマリンスポーツの大会を各会場で開催することで、その地域のマリンスポーツの文化を全国に発信し、地域密着の地域に根ざした地域活性化事業としてその後も定着させていく予定です。

■開催概要(予定)
・本戦大会名
2015ウインドサーフィンアジア選手権
・共同主催
一般社団法人湘南海洋教育スポーツ振興協会
(総合型地域スポーツクラブ 江ノ島ちょっとヨットビーチクラブ)
特定非営利法人日本ウインドサーフィン協会
全日本学生ボードセイリング連盟
・後援
神奈川県
神奈川県教育委員会
藤沢市
株式会社湘南なぎさパーク
・期日
2015年9月26日(土)~10月4日(日)
・会場
[競技海面]
藤沢市片瀬海岸東浜沖
[開会式、閉会式]
藤沢市片瀬海岸東浜
[受付]
江ノ島ちょっとヨットビーチハウス
神奈川県藤沢市片瀬海岸1-12-4
[会場URL]
http://www.chotto-yacht.com/
[運営本部]
江ノ島ヨットハーバー
・競技種目
ウインドサーフィン競技
RS:Xクラス/テクノ293クラス/テクノ293プラスクラス/ナショナルテクノU15クラス

■団体概要
[名称]
一般社団法人湘南海洋教育スポーツ振興協会
[所在地]
〒251-0035 神奈川県藤沢市片瀬海岸1-12-4
[代表者]
会長 荻野 禎武
代表理事 松尾 省三
[設立]
2012年1月
[事業内容]
総合型地域スポーツクラブの運営、ジュニアスポーツクラブの運営、砂浜環境の保全事業、スポーツ教室、スポーツ大会の開催
[URL]
http://www.coco-bea.com/
[名称]
総合型地域スポーツクラブ 江ノ島ちょっとヨットビーチクラブ
[所在地]
〒251-0035 神奈川県藤沢市片瀬海岸1-12-4
[代表者]
クラブ会長 林 幹雄
クラブ副会長 松尾 省三
[設立]
2013年6月
[事業内容]
ヨット、ウィンドサーフィン、SUP、サーフィン、カヤック、 ビーチバレー、ヨガ、ノルディックウォーキングなどのビーチスポーツ教室、大会の開催ならびに普及振興
[URL]
http://www.coco-bea.com/

詳しい情報についてはこちらをご覧ください。
http://asia.beachsports.jp/

東京オリンピック正式種目 ウインドサーフィンのアジア選手権  湘南江ノ島で9月開催

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクティビティの最新情報をお届けします!

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介