カナディアンカヌーって何?カヤックとの違い

カナディアンカヌーとは

カナディアンカヌーはもともとカナダの先住民であるファースト・ネーションズ(インディアン)が湖沼地帯を移動するための手段として使っていました。当時はただ単に丸太をくり貫いただけの船でしたが、動物の骨や皮を使って性能を上げ現在の形に近づいていきました。カナディアンカヌーの特徴はなんといってもシングルパドルであることと荷物を運べることにあります。基本的には一人もしくは二人で乗船しパドルを使って操縦します。また最大積載量は船体の大きさや仕様にもよりますが、400kgを越えるものもあります。

カンディアンカヌーに必要なもの

個人でカナディアンカヌーで遊ぶ場合、その前に必要なものを確認しましょう。最低限揃えておきたいものがライフジャケット、ロープ、浮力体、水汲みの4つです。1つ目はライフジャケットで万が一川に落ちたときに溺れないためです。また2つ目はロープで川に落ちた時の再乗艇や救命用のペインターロープです。3つ目は船が転覆した際に沈んでしまわないようにする浮力体です。自分もしくはパートナーの命を守るために必要なもですので必ず揃えておきましょう。4つ目はカヌー内に水が入った場合に水を汲み出すための水汲みです。

操作を覚える

必要なものを揃えたら実際に漕いでみましょう。漕ぎ方はJストローク、グーンストローク、カンディアンストローク、インディアンストロークの4種類があります。Jストロークは基本的な漕ぎ方でコントロール性が高くスピードが出せます。グーンストロークは初心者向けの漕ぎ方でコントロール性やスピードは出ませんが疲れにくくなっています。カナディアンストロークはコンテロール性 が高くスピードも出せ、風にも流されにくいです。インディアンストロークはパドルを水中に入れたまま漕ぎ水音を立てずに漕ぎます。インディアンが狩猟の時に使用します。

全国どこでも体験できる

カナディアンカヌーを体験できる場所は日本全国にあり北は北海道から南は沖縄まであります。季節は4月から11月までとなっており1年のうち3分の2を楽しむことができます。カヌー体験をできる場所によって違った景色を楽しむことができますので、家族旅行やちょっとした思いで作りに最適です。また様々なツアーなども企画されているものもありますのでセットで参加するとお得です。

カナディアンカヌーを通して新たな出会いを

誰もがあこがれるカンディアンカヌーは購入するとなると大きな金額になりますが、一度体験したら自然の中の開放感をまた味わいたいと感じるはずです。またカナディアンカヌーを通してオフ会なども開催されておりますので新たな交流の場になること間違いなしです。同じ趣味を持った仲間たちとカナディアンカヌーについて熱く語ってみてはいかがでしょうか。

SNSで最新情報チェック!
snsicon snsicon snsicon snsicon

記事ランキング

関連ページ紹介 アウトドア&フィッシング ナチュラム